おすすめ人気ランキング_機内持ち込みできるリュック
おすすめ人気ランキング_機内持ち込みできるリュック

「 海外旅行に行きたいけど機内持ち込みできるいいリュックがない 」

「 そろそろ新しいリュックを買いたいけど、どれを選んで良いかわからない 」

 

リュックについてこういった悩みはありませんか?

確かにリュックには安い軽量なリュックもあれば、モンベル、ザ・ノースフェイス、ミレークーラー、オスプレーケストレルなど有名ブランドのリュックもあります。

容量、形、デザイン、ロゴマーク、収納性など1つ1つ違いますし、どれを選んで良いのか迷いますよね。

 

今回の記事のテーマは、「 機内持ち込みができるリュックの人気おすすめランキング10選 」です。

海外旅行向けで大容量なリュックなのに、機内持ち込み制限にはかからないリュックをご紹介していきます。

 

また、ランキングの他にも機内持ち込みサイズの上限やリュックの選び方などもお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

1リュックとスーツケースどちらが良いの?

海外旅行や国内出張で迷うのが、リュックで行くのかスーツケースで行くのかです。

 

答えは明確で、ひとりで行くのなら絶対にリュックがおすすめです!

ひとり旅や出張では自分の荷物から目が離せませんよね。

常に荷物を持ち歩かなければならないので、トイレや段差、舗装されていない道路などはスーツケースだと不便です。

 

もちろんスーツケースには、たくさん荷物が入る、重い荷物でも肩や腰に負担がかからない、セキュリティ面で強いなどのメリットもありますが、ひとり旅や出張なら身軽なリュックの方がおすすめです。

2機内持ち込みサイズの規定

機内持ち込みサイズの規定は、荷物は2つまでやパソコンは重量にカウントしないなど、航空会社で微妙に異なります。

各航空会社の規定をあえて厳しい基準に合わせていくと、以下のようになります。

 

今回の基準はLCC(ローコストキャリア)の基準をもとに作成しています。

機内持ち込みサイズの規定
    • 高さ×横幅×奥行=54×36×23cm
    • 荷物の3辺の長さの合計が115cm以内
    • 重さが7kg
    • 機内持ち込みできる荷物は1つまで
    • リュックの容量は45L未満(44Lまで)

この規定におさめれば、どこのLCC航空会社でも荷物の機内持ち込みができます。

 

しかし、例えば容量が48Lのリュックで、荷物の3辺の長さの合計が115cm以内であっても厳しい航空会社は機内持ち込みをさせてくれません。

できるだけ全ての条件をクリアできるようにしておきましょう。

 

ちなみに、ANAやJALなどのFSC(フルサービスキャリア)では、重さ10kgの荷物が2個まで機内持ち込みできます。

LCCだと預け入れ荷物が有料?

なぜここまでして荷物を機内持ち込みにしたいかというと、LCCでは預け入れ荷物が有料になるからです。

ANAやJALなどのFSCでは預け入れ荷物は無料です。

しかし、LCCでは国内線なら約3,000円、国際線なら約5,000円の預け入れ荷物料が取られます。

 

格安で購入したLCCの航空券も意味がなくなってしまうので、できるだけ預け入れ荷物は無くして、機内持ち込みの荷物だけにしたいところです。

旅行におすすめ!リュックのおすすめの選び方!

機内持ち込みできるリュックを選ぶ時にはここに注目!
選ぶポイント1:大きさや重さ
リュックの大きさ、中にどれだけの荷物が入るか、リュック自体の重さはいくらかなど。
選ぶポイント2:収納性
小物が入れられるポケットや仕切りの多さ。
選ぶポイント3:背負いやすさ
リュックの背負いやすさ、長時間使用しても肩や腰に負担はないか。
選ぶポイント4:デザイン
カッコイイ、オシャレ、かわいいデザインかどうか。
選ぶポイント5:防水・撥水加工
雨の日でも防水・撥水してくれるリュックであるかどうか。
選ぶポイント6:パソコンスリーブやUSBポートの有無
ノートパソコンやタブレット端末を収納できて、必要な時に使えるかどうか。
リュックを選ぶ際のワンポイントアドバイス!
リュックは身に着けるものなので、ファッションの一部です。お気に入りのブランドや流行している型などで選ぶのも1つの方法です。機内持ち込みできるサイズかどうか、機能面はどうかといった視点も非常に重要ですが、ファッションという視点からも選んでみましょう。

著者のおすすめリュックをご紹介!!

THE NORTH FACE リュック
かっこいいリュックと言えばこれ!
耐水性と耐摩耗性に優れたスクエア型のリュックです。21~30Lの容量が入ります。外ポケットが2つ、内ポケットが6つで合計8つのポケットがあり収納性にも優れています。表面にはTHE NORTH FACEというロゴが大きく入っており、大人でカッコイイデザインとなっています。老若男女誰でも使える商品です。もちろん、ビジネス、旅行、アウトドア、部活など多用途に合わせて使えます。
THE NORTH FACEリュックを選んだ理由
結論からいうと、ザ・ノースフェイス製品が個人的に大好きだからです!デザインもそうですが、機能も充実していてどれもしっかりとしたリュックです。ファッションとしての要素も含まれています。ザ・ノースフェイス製品を選んでおけばまず間違いありません。

リュックの選び方を詳しく紹介!

無名ブランドで安い軽量なリュックもあれば、モンベル、ザ・ノースフェイス、ミレークーラー、オスプレーケストレルなど有名ブランドのリュックもあります。

容量、形、デザイン、ロゴマーク、収納性など1つ1つ違いますし、どれを選んで良いのか迷いますよね。

 

ここではリュックの選び方を詳しくご紹介していきます。

ポイントごとに解説していくのでぜひご覧くださいね。

リュックの選び方!大きさや重さに注目して選ぶ

機内持ち込みをするのなら、リュックの大きさや重さも確認しましょう。

たくさん収納したいのなら「容量」に注目

リュックの中にどれだけ荷物が入るかというのはリュック選びにとって重要なポイントです。

衣類、パソコン、教科書、靴、お土産などかさばるものを色々入れる可能性がありますからね。

 

リュックの容量はL(リットル)という単位で表されます。

目安を以下に記しておきますね。

  • 30L:数日~1週間の旅行や出張
  • 40L:1週間~1カ月の旅行や出張
  • 50L:1カ月以上の長期滞在

 

滞在先で洗濯が可能かどうかにもよりますが、これくらいが目安として考えられます。

持ち込み制限に引っかからないために「重さ」に注意しよう

例えば、リュックだけで4kgの重さがある場合、LCCの機内持ち込み限度である7kgをオーバーする可能性があります。

残された余裕は3kg・・・いったい何の荷物を入れられるでしょうか。

軽くて値段の安いリュックは耐久性が心配かも…

軽量過ぎて骨組みや設計がペラペラで耐久性の無いリュックもあります。

これでは長持ちせず、ずっと使い続けることはできません。

リュックの選び方!収納性に注目して選ぶ

リュックの収納性にも着目して選びましょう。

リュックは大容量であればいいというわけではありません。大容量のリュックでも中の荷物がごちゃ混ぜになってしまったら、何がどこにあるのかわからなくなってしまいます。

ポケットが多くて、仕切りが多いものを選びましょう。

 

旅先ではリュックを何度も開けて財布を取り出したり、パスポートを取り出したりしなければなりません。

ポケットや仕切りなど小物が入れられるスペースがあればリュックの中が整理されているので、必要なものを取り出すときに困りません。

 

リュックを購入する際は内・外ポケット、固定バンド、ショルダーポケットなど確認してみましょう。

傘入れの有無にも注目!

旅行や通勤の時にいつも晴れていたら嬉しいのですがそう上手くはいきません。

突然のゲリラ豪雨が来たり、1日中雨だったり、梅雨の時期は毎日傘を持って出歩かなければなりません。

 

リュックに傘入れがなくて梅雨の時苦労しています 」なんていう声が聴こえてきそうです。

 

折りたたみ傘を常時携帯したい人にとって傘入れは大切です。中身の収納性も大事ですが、外側に傘入れがあるかどうかもしっかりチェックしておきましょう!

リュックの選び方!背負いやすさに注目して選ぶ

リュックの背負いやすさにも注目してみましょう。

飛行機や新幹線などでなければ、リュックはずっと背負い続けなければなりません。

重い荷物を背負い続けていると、首や肩、腰に負担がかかって痛くなりますよね。

 

最近では人間工学に基づいた設計で、長時間背負っていても疲れにくいリュックというものが開発されています。

背面が3D設計になっていたり、チェストベルトとヒップベルトで体とリュックが一体となったり、さまざまな工夫がされています。

登山向けのリュックやミレー社製のリュックに多いので購入する際にチェックしてみてください。

 

また、店舗で買う際は実際に背負ってみることも重要です。

背中の形は人それぞれなので、リュックが自分の背中とマッチするかどうかは確認しておきましょう。

リュックの選び方!デザインに注目して選ぶ

リュックはファッションの一部と言っても過言ではありません。

オシャレなデザイン、かっこいいデザイン、かわいいデザイン、シンプルなデザインなど自分好みのデザインを選びましょう。

リュックの選び方!防水・撥水加工に注目して選ぶ

撥水加工

旅行や出張ではリュックの中に大切なスマートフォンやカメラ、パソコンなどの電子機器を入れると思います。

そこで心配になってくるのが雨の日です。

傘をさしていてもいくらかはリュックも濡れますし、土砂降りの日には電子機器まで濡れていないか心配になりますよね。

 

しかし、リュックに防水・撥水加工がされていれば雨の日でもとても安心です!

 

最近ではリュックの生地自体が防水性に富んでいたり、表面に撥水加工がされているリュックも見受けられます。

突然の雨や梅雨の時期に備えて、リュックの防水・撥水性も気にしておきましょう。

リュックの選び方!パソコンスリーブやUSBポートの有無に注目して選ぶ

ビジネスシーンであればリュックの中にノートパソコンやタブレット端末を入れることも多いです。

リュックの中には「 パソコンスリーブ 」という、パソコンやタブレット端末を入れる専用のスペースがあったりします。

 

また、USBポートの有無も要チェックです。

手ぶらでスマートフォンを充電できたりするので、USBポートがあればとても便利ですよ。

リュックの人気おすすめランキング10選!

ここではリュックの人気おすすめランキング10選をお送りしていきます。

なお、このランキングは2020年8月4日現在のAmazon売れ筋ランキングをもとに作成しています。

機内持ち込みできるリュックの人気おすすめランキング10選!

機内持ち込みができるリュックの人気おすすめランキング10選をご紹介します!

10個のリュックを比較して、ぜひお気に入りのリュックを見つけてみてください!

MARK RYDEN  バックパック

MARK RYDEN  バックパック
ブラックでシンプルなデザインが特徴!
MARK RYDEバックパックはわずか重量1.1kgで軽く設計されています。軽いのに中身は大容量で、2~3日分の衣類は入るようになっています。また、表面素材には防水加工がされており、水や傷にも強くなっています。
MARK RYDEN  バックパックの口コミを紹介!
とてもcpが高い

見た目がシンプルで良く、とてもコストパフォーマンスが高いです。ブラック色が映えます。これで防水というのも激熱です。普段はレビューなんて書かない私が興奮してます。
Amazonカスタマーレビュー

サイバトロン バックパック

サイバトロン バックパック
Amazonベストセラー商品
サイバトロン バックパックのメイン素材は防水性があり、水に強くなっています。アウトドア、ハイキング、登山、スポーツ、旅行、出張などさまざまなシーンで使えます。容量は37Lで、ほとんどのものが入ります。サイドバックを購入すると本体に取り付けられてさらに収納スペースが増えます。
サイバトロン バックパックの口コミを紹介!
サイドバックはケチって買わなかったけど

想像以上にいいです。4~5年使っていますがシミや傷はなく、型崩れも起こっていません。旅行や出張で長期滞在することが多いので、サイドバックも購入しようか迷っています。最初に買う時はケチってしまったので・・・
Amazonカスタマーレビュー

Mountaintop アウトドアバックパック

Mountaintop アウトドアバックパック
定番の登山リュック!
Mountaintopアウトドアバックパックは、容量が40Lで男女ともお使いいただける商品です。素材はポリエステルで軽量な上に撥水効果もあります。また、引き裂けや傷にも強く、耐久性の高い素材です。S字型になっているショルダーストラップは人間工学に基づいた設計になっており、肩にかかる負担を分散してくれます。
Mountaintop アウトドアバックパックの口コミを紹介!
デザインも機能もいい!

いかにも登山やバックパックっていうデザインがいいです。通学に使っていますが、使い勝手に困ったことがありません。何でも入りますし、重い荷物を背負っても軽々運べます。Mountaintopのバックパックにしてから肩こりの頻度が減りました。
Amazonカスタマーレビュー

MILLET リュック クーラー 40L

MILLET リュック クーラー 40L
MILLETブランドの多用途バックパック!
ミレークーラーはビジネスからアウトドア、旅行までさまざまなシーンで使える多用途バックパックです。MILLETはもともと登山部隊に商品を提供していた会社であり、その経験をもとに快適な使い心地のリュックを開発しています。生地は耐久性に優れており、背面は長年の研究により背負っていても疲れにくい構造になっています。まさに、長時間の旅行や登山に向いたバックパックです。
MILLET リュック クーラー 40Lの口コミを紹介!
長時間歩くのにいい!

登山リュックならではの構造、ウエストベルトなどは長距離歩くのに適しています。重い荷物を入れて歩いても、そこまで肩や腰に負担がかかりません。カジュアルさには欠けると思いますが、実用的なので気に入っています。主に登山や旅行で使用しています。
Amazonカスタマーレビュー

THULE リュック Thule Subterra Convertible Carry-On

THULE リュック Thule Subterra Convertible Carry-On
1942年から続くTHULEブランド!
THULEは1942年から続くブランドで、「あなたの人生を運ぶ」をコンセプトにスタイリッシュな製品を販売しています。THULE リュックは出張からバックパック、山登りなど幅広い用途に使えます。収納スペースを有効に利用できるように設計されているので、スマホやタブレットなども安全安心に収納できます。背負って使ったり、手提げリュックとしても使えるので、大変便利です。
THULE リュック Thule Subterra Convertible Carry-Onの口コミを紹介!
シックなデザインがたまらない。

価格は高いですが、そこはTHULEブランドであり、質や機能は最高です。収納なども気に入ってますが一番はこのシックなデザイン。自分好みなので背負っているだけで優越感や所有感に浸れます。
Amazonカスタマーレビュー

AISFA メンズリュック

AISFA メンズリュック
カーボンコーティングナイロン素材を使用!
AISFAの大容量メンズリュックです。レディースでもお使いいただけます。表面にカーボンコーティングナイロン素材を使用しており、さりげない光沢感と大人の魅力を演出しています。耐水性が優れている上に、引っ張りや傷などにも強くて丈夫なので長くお使いいただけます。中は30Lのスクエア型なので、多くの荷物が入ります。AISFAの商品は旅行や山登りにも適しています。。
AISFA メンズリュックの口コミを紹介!
がばっとたくさん入る

出張に使うのに買いました。スーツも靴も入ります。大変助かっています。しかも、表面が艶々に加工されていて汚れにくい。これは長く使えそうな優良商品です。
Amazonカスタマーレビュー

Hynes Eagle リュックサック 44L

Hynes Eagle リュックサック 44L
4wayの使い方ができる!
Hynes Eagleの44L大容量リュックサックです。重さは1.3kgと軽々背負えます。リュックサックのポケットは計10個あり、ノート、手帳、スマホ、タブレット端末、ボールペン、折りたたみ傘、水筒などが全て1つのリュックにまとまります。また、トップハンドル、サイドハンドルの2つがあり手提げとして利用できる他、ショルダーバッグとして使えたり、スーツケースのキャリバーを通して簡単に持ち運んだりできます。
Hynes Eagle リュックサック 44Lの口コミを紹介!
コストパフォーマンスのいいリュック

このカバンを使って約1カ月間の海外旅行を無事終えました。全体的に少し大きく、中の仕切りも多いので収納に困りません。ポケットの数には驚きで、余るくらいです。
Amazonカスタマーレビュー

SDX メンズレディース兼用リュックサック

SDX メンズレディース兼用リュックサック
メンズレディース兼用の人気モデル!
メンズもレディースもどちらも使えるSDXの人気モデルのリュックサックです。2way型なので荷物が多い時はスクエアトップ、荷物が少ない時はフラットトップとして使えます。外側にはUSB型充電ポートが付いており、スマートフォンなど手ぶらで充電できます。また、背中部分には通気性に優れた3Dクッションを搭載しており、夏でも蒸れることなくリュックを背負うことができます。
SDX メンズレディース兼用リュックサックの口コミを紹介!
レジ袋が要らない

スクエア形のリュックを探していたのですが、お手頃価格でシンプルなデザインだったので即購入しました。通勤で毎日使ってますが、スクエア形なので期待通りにたくさんものが入ります。いつも仕事帰りにスーパーに寄るのですが、買い物袋がいらなくなりました!あと、収納ポケットが多いのも魅力の1つかなと思います。
Amazonカスタマーレビュー

Coleman Walker25

Coleman Walker25
オシャレなデザインのベストセラー商品!
人気ブランドColemanのWalker25は25Lの容量で、B4サイズの資料などが入ります。ファスナーががばっと開くので荷物が入れやすくなっています。ポケットが外側に3つ、内側に2つ付いているので収納性もばっちり。そして驚きなのがWalker25の軽さ!なんと500gです。背負っていても肩や腰に負担になりませんし、機内持ち込みの重量オーバーを気にしなくて済みます。
Coleman Walker25の口コミを紹介!
背中がメッシュ生地で蒸れにくい

背負っていてもフィット感があり、肩や腰が疲れにくいです。背中部分は通気性の良いメッシュ生地でできているので、夏でも蒸れにくく涼しいです。専門学生で教科書が割と多いのですが、分厚い教科書が3冊くらい入ります。25Lではなく1つ大きいサイズを購入しようかと迷いましたが、こちらを購入して良かったです。
Amazonカスタマーレビュー

Inateck 40L 大容量リュックサック

Inateck 40L 大容量リュックサック
40Lの超大容量でコスパ最強!
Inateckの40L超大容量リュックサックです。機内持ち込み可能サイズに設計されているので、ビジネスシーンやバックパックとしても使えます。衣類は約3~5日分入りますよ。豊富なポケットが持ち味で、その数8個。収納にも困りません。また、リュックの上部と片側には2つ持ち手が付いており、背負うだけでなく手持ちにしても持ち運べるので大変便利です。生地は撥水加工なので、耐水性もばっちり。雨の日だって平気ですよ。
Inateck 40L 大容量リュックサックの口コミを紹介!
ちょうどいいかも。

高校が自転車通学なので、リュックを探してInteckの商品を購入しました。教科書、ノート、柔道着でリュックはパンパンになります。弁当や水筒は別になるけど、一緒に入れても出し入れが面倒なのでちょうどいいです。
Amazonカスタマーレビュー

8お気に入りのリュックを見つけよう!

機内持ち込みができるリュックの人気おすすめランキング10選をお送りしてきました!

いかがだったでしょうか?

今回の記事を参考にして、ぜひお気に入りのリュックを見つけてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事