鳥取砂丘・浦富海岸エリアを「ジオコムス」で探検しよう!

こんにちは、濱南くにひろです。

今回お送りするのは、濱南旅行記第6弾!!

 

僕の旅行記では、実際に訪れた観光地、実際に撮った風景、実際に食べたもの、実際に感じたことをブログ感覚でお伝えしていきます。

そして今回は、2020年9月20日に訪れた鳥取県の鳥取砂丘・浦富海岸エリアです!

 

asoview!(アソビュー) 」という遊び予約サイトを利用し、ジオコムスという小型電気自動車に乗ってきました!

 

体験したのは、「 ジオコムス鳥取砂丘ステーション3時間コース 」

ジオコムス体験の模様と鳥取砂丘・浦富海岸エリアの魅力を余すところなくお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください!

1どこまでも続く「鳥取砂丘」

まずやってきたのは鳥取砂丘

鳥取県有数の観光地で、シルバーウィークだけあって人の数は多いです。

期待に胸をふくらませ、階段をのぼっていくと・・・

広大な景色が広がっていました!砂丘がどこまでも続いています。

向こう側には日本海が見え、水平線がとても美しいです。

 

長い年月をかけて「 砂 」と「 風 」によって作られた鳥取砂丘

季節や時間を変えてさまざまな表情を見せてくれるのが特徴です。

 

広大な砂の大地、碧色に輝く日本海、透き通るような青空が織りなすパノラマ風景からは、地球のパワーを感じます!

鳥取砂丘の魅力は風景だけではありませんよ!

ラクダにも乗れちゃうんです。

 

今回は乗りませんでしたが、もし興味のある方はラクダにも乗ってみてください!

砂丘でラクダに乗るなんて、アラビアンナイトの世界ですね!

世界ジオパークの1つ「山陰海岸国立公園」

今回の旅の目的は鳥取砂丘ではなく、世界ジオパークの1つ「 山陰海岸国立公園 」を探検することです。

山陰海岸国立公園は、鳥取砂丘から京都府京丹後市までの海岸沿いおよそ75kmにも及ぶ公園です。

 

海岸景観が特徴的で、さまざまな海食地形や堆積岩、火成岩など岩石の種類とその多さが学術的価値を持っています。

そのため、山陰海岸国立公園を含む一帯が世界ジオパークの1つに認定されています。

また鳥取砂丘に代表される海岸砂丘や砂浜、ビーチなども多い地形となっています。

世界ジオパークとは?
「 世界ジオパーク 」とはユネスコの事業の1つであり、自然保護の役割を担っています。世界的に価値のある地質遺産を保護し、自然環境教育に役立てることで、自然と人間の共存を目指しています。日本からは9つの地域が認定されており、山陰海岸国立公園一帯は「 山陰海岸ジオパーク 」と呼ばれています。

「ジオコムス」とは?

ジオコムスとは、1人乗り用の小型電気自動車です。

風を浴びながら爽快にドライブできるのが魅力!!

 

「 海の生き物 」がデザインされており、かわいい見た目でインスタ映えも狙えます!

今回はこちらのジオコムスに乗って、鳥取砂丘周辺と山陰海岸ジオパーク内を探検します!

ジオコムスで鳥取砂丘・浦富海岸エリアを探検!

それでは、ジオコムスで鳥取砂丘・浦富海岸エリアを探検した様子をお伝えしていきます。

まずは出発地の鳥取砂丘ステーションへ向かいましょう!

出発地の鳥取砂丘ステーション

こちらが出発地の鳥取砂丘ステーションです。

鳥取砂丘ステーションは鳥取砂丘ビジターセンターの隣にひっそりとたたずんでいます。

目の前にジオコムスが4~5台ほど整然と並べられているので、簡単に気がつきました。

鳥取砂丘ステーションについて

【住所】
〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山砂丘2164-661(鳥取砂丘パークサービスセンター)

【電話番号】
TEL:080-5612-7549

【アクセス】
鳥取自動車道鳥取ICより車で約20分
最寄り駅:鳥取駅

【駐車場】
最寄り駐車場:鳥取砂丘駐車場
料金:普通車1日500円

【受付時間】
9:00~17:00(乗車最終受付15:30)

【ジオコムス利用料金(税込み)】
1時間まで2,000円、3時間まで3,000円

【ワンポイントアドバイス!】
利用日前日の17時までに必ずインターネットまたは電話で予約しておきましょう!

「 アソビュー! 」というサイトを利用するのもおすすめです!

受付で注意点や保険についての説明

最初は、受付で簡単な注意点や保険についての説明がありました。

また、モデルコースを写真や地図付きで教えてくれたので、初めて訪れる僕でも安心でした。

 

もちろん、普通自動車運転免許証は必要なので、お忘れなく。

 

保険については利用料金3,000円(税込み)の中に対人・対物保険が含まれていました。

ただ、ノンオペレーション補償はついておらず、もし事故を起こした場合は20,000~50,000円の支払いが必要になりそうです。

ノンオぺレーションチャージについて
もし事故を起こして借りていた車を壊してしまった場合、お店は修理する期間営業ができなくなります。その期間の営業利益を補償するものを「ノンオペレーションチャージ」と言います。
レンタカーをぶつけてしまった時の保険や対処法については、以下の記事も参考にしてください。

旅の相棒は「サメ号」に決定!

簡単な事務説明が終わると、外に出ました。

いよいよ出発の時です!

 

お店のスタッフさんが選んでくれて、僕の旅の相棒は「 サメ号 」に決定しました!

このようにジオコムスには海の生き物のデザインがされていて、ちゃんと名前も付いています。

 

サメ号が一番人気らしく、得した気分になりました(笑)

優しいスタッフさんがわざわざ選んでくれたようです。

ジオコムスの両側は開け放って爽快ドライブ!

ジオコムスの中はこんな感じでした。

驚きだったのは、両側は開け放ったまま運転するということ。

こうすることで、気持ちいい風と開放感を感じながら爽快にドライブができるというわけです!

アクセル全開でも40kmくらいのスピード

ジオコムスを運転してまず感じたのは、開放感と爽快感がすごいということ。

40kmくらいまでしかスピードは出ませんでしたが、両側を開け放っているので風が心地良く感じられます。

山陰海岸ジオパークの景色も最高だったので、文句なしでした。

小回りがきいて運転しやすい

ジオコムスは1人乗り用というだけあってコンパクトで、小回りがききました。

初心者の人でも運転しやすいと思います。

出発前にはスタッフさんによる運転操作の詳しい説明があったので、そこは安心してくださいね。

絶景スポット①恵比寿浜展望所

ジオコムスを走らせること10分。

最初の絶景スポット恵比寿浜展望所に到着しました!

 

ジオコムスはかなりコンパクトなので、駐車しやすい所も魅力の1つでした。

地図通りに結構険しい遊歩道をのぼっていくと・・・

断崖絶壁に打ち寄せる波の音がひときわ印象的なところでした。

どこまでも続く日本海と鳥取砂丘、岩戸海岸が望めます。

海水は青く透き通っていて、とてもきれいでした。

絶景スポット②千貫松島

ジオコムスを走らせ、次に到着したのは千貫松島(せんがんまつしま)というところ。

島の大きさは周囲50m、高さ25mで、穴がありトンネルのようになっています。

このような地形を海食洞門といいます。

名前の由来は江戸時代までさかのぼります。

鳥取藩二代目藩主池田綱清公が小舟でこの一帯を島めぐりした際、「 わが庭にこの岩つきの松を植えた者には銀千貫を呈す 」と言ったことから千貫松島と呼ばれるようになりました。

僕が千貫松島を一望していると、遊覧船が1台やってきました。

現在も、遊覧船で山陰海岸ジオパーク・浦富海岸を周遊して島めぐりすることができます!

詳しくは山陰松島遊覧株式会社の公式ホームページをご覧ください!

道中は昔ながらの家が立ち並ぶ漁師町で、なかなか風情がありました。

ジオコムスをどこかに駐車しておいて、ぶらりと散策するのもおすすめですよ。

絶景スポット③鴨ヶ磯

次に向かったのは鴨ヶ磯という見どころスポット。

青く透き通った水と、湾内に浮かぶ島々が美しい海岸です。

この鴨ヶ磯海岸は、あの島崎藤村が「 松島は松島、浦富は浦富 」と絶賛したとも言われています。

海岸におりるとビーチがあり、SUPやカヌー体験なども行なわれていました!

絶景スポット④城原海岸

いよいよ最後の場所になりました。城原海岸です。

2時間乗っていてもジオコムスの電気はあまり減ることなく、意外ともつのだなと感心。

駐車場にジオコムスをとめて、その絶景を目に焼き付けます。

城原海岸一帯は多くの岩礁・奇岩が点在しており、沖合の菜種島は周囲約400m、高さ約60mの島です。

春には野生の菜の花が咲き乱れ、島全体を黄金色に染めます。

鳥取県のイチ押しスイーツ

アクティビティやレジャー体験だけでは旅はもの足りないですよね。

ここでは、著者おすすめの鳥取スイーツをご紹介してます!

豊潤な味わいの「梨ソフトクリーム」

鳥取県に旅行に行ったら、梨ソフトクリームは必ず食べてください!(笑)

それくらい美味しいです。

 

梨は鳥取県の名産品で、主に二十世紀梨と呼ばれる品種が多く栽培されています。

鳥取県の豊かな土壌で、太陽の光をいっぱい浴びた梨を使ったソフトクリームはまさに絶品!

 

梨の豊潤な香りが鼻に抜け、ほのかな甘みが口いっぱいに広がります。

ソフトクリーム世界大会があったら10位以内に入ると個人的には思っています(笑)

アソビューを利用して鳥取県へ遊びに行こう!

ジオコムス体験の様子と鳥取砂丘・浦富海岸エリアの魅力をお伝えしていきましたが、いかがだったでしょうか?

鳥取県に旅行の予定がある方は、ぜひ山陰海岸国立公園に立ち寄ってみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

また、僕の他の旅行記はこちらになりますので、ぜひご覧になっていただき、少しでも旅行気分を味わってください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事