人気おすすめランキング_抱っこ紐
人気おすすめランキング_抱っこ紐

赤ちゃんとの旅行には欠かせない抱っこ紐

抱っこ紐とはいってもエルゴ・コニー・西松屋などさまざまなブランドから販売されていますし、機能や種類もいろいろでどれを選んで良いか迷ってしまいませんか?

 

そこで今回は、抱っこ紐の選び方と人気おすすめランキングをご紹介していきます。

抱っこ紐の詳しい選び方をお伝えしていくので、購入する際の参考にしてみてください。

 

また、人気おすすめランキングはAmazonや楽天市場の商品から作成しています。

気になった商品があった場合はぜひ購入を検討してみてくださいね。

1おんぶ紐より抱っこ紐

赤ちゃんの抱っこをサポートしてくれる抱っこ紐。

抱っこ紐は、お母さんやお父さんの強い味方です。

 

赤ちゃんのことを第一に考えるなら、おんぶ紐よりも抱っこ紐の方が適しているでしょう。

なぜなら、赤ちゃんとのコミュニケーションがとりやすいから。

 

抱っこ紐では、おんぶ紐と違って赤ちゃんがよく見えます

赤ちゃんもお母さんやお父さんを見れるので、安心できるのです。

赤ちゃんの様子を見ながら優しく話しかけたり、子守歌を歌ってあげたりすることもできますよ。

 

またおんぶ紐だと座りにくいですが、抱っこ紐であれば旅行中の車や電車などで座ることができるので、お母さんやお父さんも疲れにくいです

旅行中の抱っこに備えて、抱っこ紐はぜひ用意しておきたいアイテムですね。

旅行におすすめ!抱っこ紐の選び方!

抱っこ紐を選ぶ時はここに注目!
選ぶポイント1:タイプ
抱っこ紐にはキャリータイプとスリングタイプの2種類があります。
選ぶポイント2:対象月齢や体重
対象月齢や体重に合わせた抱っこ紐を選びましょう。
選ぶポイント3:抱き方のバリエーション
横抱っこ・縦抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶなど、どの抱き方に対応しているかも確認を。
選ぶポイント4:通気性
赤ちゃんは基礎体温が高いため、抱っこ紐の通気性は重要です。
選ぶポイント5:素材
抱っこ紐は赤ちゃんが直接触れるものなので、素材選びにも気をつかいましょう。
選ぶポイント6:正しい姿勢で使用できる抱っこ紐
抱っこ紐は正しい姿勢で使用できるものを選びましょう。
選ぶポイント7:予算
抱っこ紐は値段が安いものから高いものまでピンキリです。自分の予算とも相談しながら選びましょう。
抱っこ紐を選ぶ際のワンポイントアドバイス!
抱っこ紐を選ぶとき、ついつい値段を気にしてしまいますが安物は禁物。赤ちゃんの安全性を一番に考えて、しっかりした作りの抱っこ紐を選びましょう。

著者のおすすめ抱っこ紐をご紹介!!

RONHAN 抱っこ紐
安全基準認証を取得!
対象月齢は0-36ヶ月で、体重約30kgまで対応しています。抱き方はおんぶ・前向き抱っこ・対面抱っこ・横抱っこなど6way仕様。H型ストラップで肩から滑り落ちることを防止しており、赤ちゃんにとっても嬉しい安全基準認証を取得している商品です。またヒップシートが30度設計になっており、日本人の赤ちゃんが座りやすい構造になっています。
RONHAN 抱っこ紐を選んだ理由
機能の充実ぶりもありますが、安全設計にこだわって作られていることに安心感を覚えました。抱っこ紐を選ぶ上で安全性は一番重要です。このRONHANの抱っこ紐なら、安心して赤ちゃんとの旅行に出かけられます。

抱っこ紐の選び方を詳しく紹介!

ベビーカーと併用して旅行中に活躍する抱っこ紐。

抱っこ紐とはいってもエルゴ・コニー・西松屋などさまざまなブランドから販売されていますし、機能や種類もいろいろでどれを選んで良いか迷ってしまいますよね。

 

ここでは、抱っこ紐の選び方を詳しくみていきます

「どれを選んだらよいのかわからない」といった方も、抱っこ紐を選ぶときのコツが掴めますよ。

 

ぜひ抱っこ紐を選ぶ際の参考にしてみてください!

抱っこ紐は「キャリータイプ」か「スリングタイプ」の2種類

抱っこ紐にはキャリータイプとスリングタイプの2種類があります。

2つの違いを把握して、シーンや目的にあった方を選びましょう。

丈夫で安定感のあるキャリータイプ

キャリータイプの特徴は、丈夫で安定感があることです。

しっかりした作りなので、赤ちゃんの抱っこをきちんとサポートしてくれますよ。

腰痛持ちのお母さんやお父さんでも楽に赤ちゃんを抱っこできます。

 

腰ベルトがある商品なら赤ちゃんの体重が肩と腰に分散されるので、なお疲れにくく肩や腰も痛めにくいです。

また、キャリータイプのほとんどの抱っこ紐は3~5wayに対応。横抱っこ・縦抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶなどシーンに合わせてさまざまな抱き方ができます

 

キャリータイプ抱っこ紐の欠点としては、コンパクトにならないこと

安全設計や収納ポケット・ヒップシート・腰ベルトなどの機能が充実している分かさばってしまうので、旅行の持ち運びにはあまり向きません。

おしゃれでコンパクトになるスリングタイプ

スリングタイプの特徴は、おしゃれでコンパクトになることです。

キャリータイプよりもデザイン性が重視されており、おしゃれな抱っこ紐が多いです。

また、スリングタイプは赤ちゃんを布で包み込むようにするタイプなので、使わないときはコンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができます。

 

ベビーカーと併用する旅行や移動にもおすすめですよ。

 

なお、スリングタイプの欠点としては片方の肩に負担が集中すること

キャリータイプのようにベルトなどの機能がないので、その分お母さんやお父さんへの負担が増えてしまいます。

加えて、スリングタイプの抱っこ紐は布で赤ちゃんを包み込むだけなので、抱き方のバリエーションは多くありません。

抱っこ紐は「対象月齢」や「体重」で選ぶ

抱っこ紐は対象月齢や体重も確認しておきましょう。

抱っこ紐に必ず記載があるはずです。

 

新生児から使用できるタイプは横抱っこのものが多く、赤ちゃんの首が座っていなくても使用できます。

首が座るまでは旅行など行かないという方は、対象月齢が3カ月以降の抱っこ紐を選ぶと良いでしょう。

 

また、体重の基準も要チェックです。

体重の基準をオーバーしてしまうと、抱っこ紐が破けたりちぎれたりする恐れがあります。

 

2歳から3歳くらいまで使える抱っこ紐を選んでおくと便利ですよ。

対応している「抱き方のバリエーション」もチェック

主にキャリータイプの抱っこ紐についていえることですが、抱き方のバリエーションも確認しておきましょう。

横抱っこ・縦抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶなどシーンに合わせて使える3~5wayの抱っこ紐を購入するとすごく便利です。

「通気性」は欠かさずチェックを

赤ちゃんは基礎体温が高いため、大人と比較しても汗をかきやすいです。
特に夏場は汗まみれになることも・・・赤ちゃんは汗まみれになると汗疹もできるので注意しておきたいところです。
これらのことから、抱っこ紐の通気性は重要といえます。
うまく熱を逃がすような通気性の良い抱っこ紐を選んであげましょう
メッシュ生地などは通気性が高く、熱を逃がしてムレないようにしてくれますよ。

「素材」選びにも気をつかって

抱っこ紐は赤ちゃんが直接触れるものですから、素材選びも大切です。

 

オーガニックコットンならお肌の敏感な赤ちゃんでも安心です。

また、通気性を重視するならメッシュ生地の方がうまく熱を逃がしてくれますよ。

 

なお、自宅で洗濯できるかどうかも確認しておきたいところ。

洗濯可能な素材であれば、いつでも清潔に使用できます。

正しい姿勢で使用できる抱っこ紐を選ぼう

肩や腰を痛めたくないならお母さんやお父さん、赤ちゃん共に正しい姿勢で使える抱っこ紐を選びましょう

理想の姿勢は、普通に赤ちゃんを抱っこした状態です。

 背中を丸めすぎたり反ったりしすぎないような正しい姿勢で使える抱っこ紐を選べば、肩や腰への負担も軽減します。

 

また、赤ちゃんの足が広がりすぎていないかどうかなどもチェックするとよいでしょう。

最後に「予算」とも相談を

最後に、自分の予算とも相談しながら抱っこ紐を選びましょう。

しかし、安物は禁物で安全性などが心配な商品もあります。

赤ちゃんの安全性を一番に考えて、コスパの良いしっかりした作りの抱っこ紐を選びましょう。

抱っこ紐の人気おすすめランキング6選!

それではいよいよ、抱っこ紐の人気おすすめランキングを6選ご紹介していきます。

旅行でおすすめしたいキャリータイプの抱っこ紐とスリングタイプの抱っこ紐をお伝えしていきますね。

 

また、この人気おすすめランキングはAmazon楽天市場の商品から作成しています。

気になった商品があった場合はぜひ購入を検討してみてください!

キャリータイプの抱っこ紐人気おすすめランキング3選!

まずは、丈夫で安定感のあるキャリータイプの抱っこ紐です。

napnapベビーキャリー BASIC

napnapベビーキャリー BASIC
4~36カ月頃の赤ちゃんに使用できるキャリータイプ抱っこ紐
首が座りはじめた頃から使用できるキャリータイプの抱っこ紐です。また腰痛持ちや肩こりのある人に向けて制作されており、負担を分散してくれる設計になっています。デザインはなるべくシンプルにし、スタイリッシュな雰囲気が出るように仕上げました。
napnapベビーキャリー BASICの口コミを紹介!
コンパクトになる!

コンパクトに折りたためて、付属の収納ケースにしまえるのが嬉しいです。ちょっとした外出や旅行に重宝しています。
Amazonカスタマーレビュー

アップリカ(Aprica)抱っこ紐 コランCTS

アップリカ(Aprica)抱っこ紐 コランCTS
首が座った頃から使える3wayタイプ
日本人の体形にフィットする腰ベルト対応で疲れにくい設計。腰痛持ちのお母さんやお父さんでも安心してお使いいただけます。メッシュ生地を採用しているので、通気性も良く蒸れにくい抱っこ紐です。赤ちゃんの汗や熱を吸収して逃がしてくれます。
アップリカ(Aprica)抱っこ紐 コランCTSの口コミを紹介!
コスパがいい

エルゴの抱っこ紐と悩んだんですけど、こちらにしました。コスパが良くて気に入っています。
Amazonカスタマーレビュー

エルゴ 抱っこ紐 Ergobaby(エルゴベビー)

エルゴ 抱っこ紐 Ergobaby(エルゴベビー)
エルゴ抱っこ紐のスペシャルセット!
エルゴベビー史上最上級モデル「OMNI360」から待望のメッシュ生地が登場。通気性・速乾性・耐久性の3つにおいて優れたキャリータイプの抱っこ紐です。また、よだれパッドや収納カバーなど嬉しい付属品がついているスペシャルセット。これさえあれば全てがそろいます。
エルゴ 抱っこ紐 Ergobaby(エルゴベビー)の口コミを紹介!
通気性抜群で夏でもOK!

現在9ヶ月の3人目を抱っこするために購入しました。春から1人目の幼稚園に徒歩で通園しなければならず、上2人の時に使っていたコンビのものでは腰の激痛に耐えられそうになく・・・少し高級ですがエルゴのこちらの商品を買って良かったです。
Amazonカスタマーレビュー

スリングタイプの抱っこ紐人気おすすめランキング3選!

次に、おしゃれでコンパクトにもなるスリングタイプの抱っこ紐です。

CUBY ベビースリング

CUBY ベビースリング
赤ちゃんが幸せ感じるスリング抱っこ紐!
CUBYオリジナルの柔らか製法。100%コットン(有機栽培綿)で肌触りが良く、通気性も良くて赤ちゃんの敏感な肌に優しくできています。クマやキツネのイラストもかわいくて、おしゃれなデザインに仕上げています。
CUBY ベビースリングの口コミを紹介!
新生児から使っています。

コニーやエルゴと比較すると無名ブランドだったので半信半疑でしたが、軽くて使いやすいです。クロス式ではないのに、肩や腰の負担にならない。腰痛持ちの僕でも大丈夫でした。問題は通気性の面かなと思います。結構分厚い生地なので、夏には向かないかな・・・
Amazonカスタマーレビュー

(ケラッタ)新生児から使えるベビースリング

(ケラッタ)新生児から使えるベビースリング
6wayで成長に合わせて使える!
ケラッタは公式の国内安全基準適合品なので、安心・安全なものを使いたいというお母さんやお父さんにおすすめのスリング式抱っこ紐です。厚さ2cmの肩パッド・赤ちゃんをしっかり守る二重ロックと二重生地・小物が収納できるポケットなど嬉しい機能も満載!ゆったり安全に赤ちゃんを包み込んでくれます。
(ケラッタ)新生児から使えるベビースリングの口コミを紹介!
クロス式じゃないけど抱っこしやすい

セカンド抱っこ紐を探していてこれを購入。もう一つはコニーだったので、新しいのはケラッタにしました。クロス式ではないけど肩のパッドがあって痛くならないです。あと二重生地で意外としっかりした作りです。
Amazonカスタマーレビュー

コニー(Konny)抱っこ紐 スリング

コニー(Konny)抱っこ紐 スリング
口コミ大賞受賞!
国際公認試験認証機関(アメリカASTMと韓国KC)から公式に安全認証された抱っこ紐。新生児から約20kgの赤ちゃんに使用可能です。シンプルなデザインと上質な素材で、赤ちゃんと過ごす時間をより楽しく、子育てお母さんやお父さんをスタイリッシュに演出してくれます。
コニー(Konny)抱っこ紐 スリングの口コミを紹介!
楽に抱っこできる!

腰痛持ちの私ですが、背中のパッドみたいな部分が負担を分散してくれて、自然と抱っこが苦じゃありません。コニーの商品は良いと聞いていましたが、これほどまでとは思いませんでした。新生児から使えるのもありがたいです。
Amazonカスタマーレビュー

抱っこ紐収納カバーがあると旅行で便利

抱っこ紐って複雑な形をしていて、折りたたみにくいですよね。旅行のときも持ち運びにくくて困ってしまいます。

 

そんな時は、抱っこ紐収納カバーがあると便利ですよ。

かさばりやすい抱っこ紐をコンパクトにしてくれるので、持ち運びも楽々になります

お気に入りの抱っこ紐を見つけよう!

抱っこ紐の選び方と人気おすすめランキングをご紹介していきましたが、いかがでしょうか?

旅行やちょっとしたお出かけには欠かせない育児アイテム「 抱っこ紐

ぜひ、お気に入りの抱っこ紐を見つけてみてくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事