楽天カード 作り方
楽天カード 作り方

様々なサイトでおすすめクレジットカードとして名前の挙がることの多い「楽天カード

楽天カードはポイント還元率も1%と非常に高く、楽天市場での利用時にはポイント還元率が3%以上とさらにお得に楽天市場を利用できるようになります。

また、楽天カードはJICS(日本版顧客満足度指数)で11年連続1位を獲得した実績があるほど人気クレジットカードです。

 

楽天カードは初めての一枚にもとても人気のあるクレジットカードで、楽天カードを作りたい!そう思ったときに、

  • 楽天カードの作り方や申し込みの流れが分からない
  • 楽天カードは店舗で申し込めるのか
  • 楽天カードの審査に落ちるのが怖い
  • 楽天カードを申し込むと職場に在籍確認の電話が来るのか
  • 学生や新社会人でも楽天カードを申し込めるのか

などなど、様々な不安がありますよね。
しかし、楽天カードは意外に簡単に申し込めるものです。

 

この記事では、楽天カードの作り方はもちろん、楽天カードの審査基準やおすすめの使い方など楽天カードを作った後に役立つ情報もあわせてご紹介していきます。

是非最後までご覧くださいね。

もくじ

1楽天カードは簡単に作れる!作り方の前に簡単に概要をご紹介

楽天カードの作り方はとっても簡単。

インターネットから10分程度でさくっと申し込みを完了することが出来ます。

また、楽天カードはインターネットからのみ申し込みを受け付けており、楽天モバイルなどの店頭で楽天カードの発行を申し込む事は出来ません。

 

楽天カードを申し込む前に、軽く楽天カードの特典についておさらいしておきましょう!

楽天カードの基本情報

楽天カード基本情報 
楽天カード発行会社楽天カード
年会費永年無料
選べる国際ブランドVISA・Master・JCB・AMEX
たまるポイント楽天スーパーポイント
ポイント還元率1~3%ほど
申し込み資格学生含む18歳以上の方
利息・手数料リボ15%・キャッシング18%
電子マネー楽天Edy・QuickPay
締め日・支払日月末締め・翌月27日払い

年会費無料なのにポイント還元率1%以上と高還元

楽天カードは年会費永年無料で持つことが出来るクレジットカードです。

楽天カードの利用100円につき1楽天スーパーポイントが貯まるため楽天カードのポイント還元率は1%となります。

 

多くのクレジットカードのポイント還元率は0.5%となっているため、他クレジットカードに比べ楽天カードのポイント還元率はとても高いと言えます。

楽天市場では常にポイント還元率3%以上

楽天カードの基本のポイント還元率は1%となります。

 

しかし、楽天スーパーポイントアッププログラム、通称楽天SPUにより楽天市場でのお買い物時のポイント還元率が最低3%なります。

また、スーパーポイントアッププログラムは楽天のサービスを利用すればするほどどんどんとポイント還元率が上がっていき、最大で楽天市場でのお買い物時に16%還元を受けることが出来ます。

 

楽天スーパーポイントアッププログラム対象サービスは下記の通りです。

対象サービスポイント倍率
楽天会員1倍
楽天モバイル+1倍
楽天ひかり+1倍
楽天カード+2倍
楽天ゴールドカード・プレミアムカード+2倍
楽天天銀行から楽天カード分引き落とし+1倍
楽天保険の保険料を楽天カードにて支払い+1倍
楽天でんき+0.5倍
楽天証券で500円以上の投信購入月+1倍
楽天トラベルにて5,000円以上の利用月+1倍
楽天市場アプリ+0.5倍
楽天ブックスでの1,000円以上の買い物月+0.5倍
楽天koboでの1,000円以上の買い物月+0.5倍
トクダネ対象商品の購入で100以上の獲得&レシート撮影+0.5倍
RakutenFashion買い物月+0.5倍
NBARakutenか楽天バ・リーグSpecialの契約+1倍
楽天ビューティー3,000円以上の利用月+1倍

楽天カード会員は楽天市場でのお買い物時最低でも3%のポイント還元を受けることができ、条件を満たすことでどんどんとポイント還元率がアップしていきます。

楽天カードの保有でポイント還元率+2倍のため、楽天市場でのお買い物時に楽天カードを利用することで常時3%還元を受けることが出来るのです!

 

その他にも、

  • 楽天カードの利用代金を楽天カードで支払う+1倍
  • 楽天ゴールドカード・プレミアムカード・ブラックカードの保有+2倍

上記のように、どんどんとポイント還元率がアップしていきます。

楽天Edy機能をつけることも可能

楽天カードに楽天Edyの機能をつけることも可能です。

 

楽天Edyはプリペイド式の電子マネーでチャージされた金額の範囲内でお買い物を楽しむことが出来ます。

また、楽天Edyの利用200円に付き1ポイントが貯まります。

 

楽天カードから楽天Edyへのチャージも可能で、楽天カードから楽天Edyへのチャージ100円につき1ポイントが付与されます。

楽天カードから楽天Edyへチャージし、楽天Edyを使って決済することで200円につき3ポイントも獲得することが出来ますよ!

海外旅行損害保険が付帯

楽天カードには「利用付帯」で使うことの出来る海外旅行損害保険が付帯しています。

 

利用付帯とは、楽天カードで空港までの交通費やホテルの費用、ツアーの料金など旅行に関連する費用の一部を決済した場合に適用される保険のことを言います。

楽天カードには下記利用付帯の海外旅行損害保険が無料で付帯していますよ!

補償内容保証金額
死亡・後遺障害2,000万円
損害・治療保険200万円
疾病・治療保険200万円
損害賠償2,000万円
携行品損害20万円(免責3千円)
救護者費用200万円

その他にも様々な特典が!

これまで代表的な楽天カードの特典についてご紹介させていただきました。

その他にも楽天カードには様々な特典が付帯しています。

 

もっと詳しく楽天カードについて詳しく知りたい方は、ぜひ下記記事を参考にしてください!

2楽天カード申し込みから手元に届くまでの流れ

楽天カードの作り方を知る前に、楽天カードを申し込んでからどのような形で手元に届くのか「流れ」をざっくり理解しておきましょう。

楽天カードを作る前に、楽天カードが手元に届くまでの流れを理解することでスムーズに楽天カードを作ることが出来るようになります。

楽天カード申し込みの流れ
  • 楽天カードを公式サイトから申し込む
  • 楽天カードによる入会審査を受ける
  • 楽天カードによる本人確認
  • 楽天カードの発行が完了

それぞれひとつずつ解説していきますね。

楽天カードの申し込み

楽天カードを申し込むためには、楽天カード公式サイトから必要情報を入力し楽天カードの申し込みを行う形になります。

楽天モバイルなどの店頭や店舗で楽天カードを申し込むことはできません。

 

また、新社会人の方や専業主婦の方、学生の方なども問題なく楽天カードの申し込みを行うことが出来ますよ!

無職の方も同居する家族などに収入があれば、審査にとおる可能性はあります。

 

ちなみに、楽天カードを申し込むには楽天会員になる必要があります。

楽天会員の方はログインした状態からスムーズに楽天カードの申し込みを行うことができ、楽天会員でない方が楽天カードを申し込む場合は申し込み画面から簡単に楽天会員登録を行うことができます。

楽天カードによる審査

楽天カードの申し込みが完了したら、楽天カードによる審査を受ける必要があります。

 

楽天カード公式に公表されている審査基準では、

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

上記のようになっています。

 

ご丁寧に主婦、アルバイト、パート、学生も可能と記載しているため、楽天カードの意向としては業種や属性問わず幅広い人に保有してほしいのでしょう。

また、多くの場合他のクレジットカードの審査基準には上記文章に加え「収入のある方」という記載があるのですが、楽天カードには「収入がある方」という記載がありません。

そのため、無職の方でも審査にとおる可能性があるのです。(審査は厳しい物になると思いますが…)

 

楽天カードの審査内容はブラックボックスのため詳細には分かりませんが、一般的なクレジットカード発行の審査では主に下記の点を見られます。

  • 年収
  • 過去の延滞情報
  • 現在の借入額

過去の延滞情報などはとても重要で、過去に他クレジットカードの延滞や携帯電話の分割払いを延滞してしまうとCICなどの指定信用情報機関により全ての金融機関で共有されます。
そのため、たとえ楽天カードで過去に延滞していないとしても他社で延滞している事実が分かってしまいます。

 

このような延滞情報は一般的に強く審査に影響します。

自己破産や任意整理などをしていない場合CICの延滞情報は2年間まじめに利用し返済を繰り返していけば消されるので、もし延滞に心当たりがあり楽天カードの審査に落ちてしまった場合該当ローンの返済実績をこつこつ積み上げて行ってみてくださいね。

 

また解約から5年間はCICに情報が残るため、2年間まじめに返済を繰り返し延滞情報を消してから解約するのがベストです。

申し込み基準を満たしているか確認

申し込み要件を満たさずに申し込んでしまうと、審査に落ちてしまうばかりか「審査に落ちた」という情報が6ヶ月間の間CICなどの指定信用情報機関に登録されてしまいます。

そのため、楽天カードを申し込む前に申し込み基準をクリアしているか確認する必要があります。

 

楽天カードの申し込み条件は下記の通りです。

18歳以上の方

楽天カードは18歳以上の方でなければ申し込むことが出来ません。

また、18歳以上の方であっても高校生の方は楽天カードを申し込むことが出来ません。

楽天カード未成年者の申し込みには親権者の同意が必要

18歳以上の方であっても、未成年の方が楽天カードを申し込む場合親権者の同意が必要です。

電話または文書にて親へ楽天カード発行することへの同意確認が行われます。

 

この際、親が「同意しない」と答えれば、楽天カードを発行する事が出来ません。

未成年の方が楽天カードを申し込む場合、必ず親に許可を得てから申し込みを行うようにしてください。

学生でも問題なく楽天カードを申し込める

楽天カードは学生の方でも問題なく申し込むことが出来ます。

実際僕も学生の時に楽天カードを発行しています。

 

クレジットカードは学生への審査が柔軟なため、学生時代にクレジットカードを発行し「信用」を積み上げていくことをおすすめします!

そうすることで、社会人になったときに欲しかったクレジットカードの審査に有利に働くようになりますよ!

楽天カードは新社会人の方の発行もOK

楽天カードは新社会人の方が初めて持つ一枚にも最適です。

また、新社会人の方であっても柔軟に審査を行ってくれるのが楽天カードの特徴です。

無職の方でも楽天カード発行の可能性はある

楽天カードの入会条件は、

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

このようになっており「収入のある方」という記載がありません。

 

そのため、収入のない無職の方でも18歳以上という条件を満たせばカード発行のチャンスはあります。

審査は厳しいものになるかもしれませんが、入会金・維持費といった一切の費用がかからないため試しに一度申し込んでみるのも良いでしょう。

楽天カードへの新規入会はこちら

楽天カードによる本人確認

楽天カードの入会審査が完了した後、楽天カードによる本人確認が行われます。

本人確認の方法はとても簡単で、楽天カードを配達してきた配達員に下記いずれかの本人確認書類を提示するだけで本人確認が完了します。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

また、楽天カードへ本人確認書類を郵送することでも本人確認を行うことが出来ます。
 

ただ正直めんどくさいですよね。

そんなときにおすすめなのが、オンライン口座振替の設定です。

オンラインで口座振替を設定すると、それと同時に本人確認が完了するため身分証明書の手時が必要ありません。

 

そのため、楽天カードを発行する際はオンライン口座振替をおすすめします。

あとはカードが届くのを自宅で待って入れば配達員さんが自宅まで楽天カードを届けてくれますよ!

3楽天カード発行のために準備するもの

楽天カード発行する前に、準備すべきものがいくつかあります。

この章では、楽天カード発行のために準備すべきものをいくつかご紹介させていただきます。

楽天カードを申し込む前にこれを準備しよう

楽天カードを申し込むために、最低限下記3つが必要になってきます。

楽天ID

楽天カードを発行するためには、楽天会員になる必要があります。

楽天カード発行と同時に楽天会員になることは出来ますが、事前に楽天会員になっておけばスムーズに楽天カードを発行する事が出来ます。

楽天会員登録はこちら

本人確認書類

楽天カードを発行するには、本人確認書類が必要です。

オンラインで口座振替の設定を行えば本人確認書類は不要となる場合がありますが、それ以外の場合、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

上記いずれかの本人確認書類が必要となります。
基本的にオンライン口座振替の設定を行った方が簡単に楽天カードを発行できるため、オンラインでの口座振替設定をおすすめします。

楽天カード支払用の銀行口座

楽天カードの支払い方法は口座振替のみとなっています。

そのため、楽天カードを作る前に銀行口座を準備する必要があります。

 

また、楽天カードの利用代金を楽天銀行から支払うことで楽天SPUにより楽天市場でのお買い物時ポイント還元率が+1倍となります。

そのため、楽天カードの支払いは楽天銀行から口座振替を行うことがおすすめです!

4現在開催中の楽天カードキャンペーン

楽天カードは入会金・年会費などの一切費用がかからずに発行することの出来るクレジットカードです。

どこで使ってもポイント還元率1%と非常に高く、楽天市場での利用ならば常時3%以上の還元とものすごく高いポイント還元を受けることが出来ます。

 

そんな楽天カードですが、2020年6月19日現在新規入会で最大5,000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催しています!

この機会に楽天カードを発行してみるのはいかがでしょうか。

楽天カードでは新規入会で最大5,000ポイントがもらえる入会キャンペーン開催中

入会特典としてもらえるポイントの内訳として、2,000ポイントは楽天カード受取後に楽天e-NAVIから受け取り申請をする必要があります。

残りの3,000ポイントは対象期間中に1回以上カードを利用した場合期間限定ポイントとして付与されます。

楽天カードへの申込はこちらへ

 

また、RakutenUN-LIMIT加入でもらえる1,000ポイントは、楽天カード申し込みから一定期間以内にRakutenUN-LIMITの申し込みで対象となります。

そのため、楽天カードを申し込んだらすぐにRakutenUN-LIMITへ加入するのがベストです。

楽天UN-LIMITへの申し込みはこちら

入会特典で得られる期間限定ポイントに注意

入会特典でもらえるポイントのうちの一部は期間限定ポイントとなっています。

ポイントの有効期限が短いため、できるだけ早めにポイントを使うようにしましょう。

5楽天カードの作り方や申し込みの流れ

楽天カードの作り方はとても簡単。

インターネットから10分程度で申し込みを完了することが出来ますよ!

楽天カードは店舗からの申し込み不可!ネットから申し込もう

楽天カード入会申し込みは楽天モバイルなどの店舗では受け付けていません。

楽天カードは楽天カードのホームページ上から申し込む必要があります。

 

下記楽天カード公式サイトの申し込みページへアクセスしてください。

楽天カード申し込みページはこちら

アクセスしたら、下記のような画面が表示されます。(入会キャンペーンの内容は時期により異なります)

上記ページへアクセスしたら「楽天会員の方」をクリックします。

 

楽天へログインしている場合、申し込み画面が表示され、楽天へログインしていない状態の場合楽天へのログイン画面が表示されます。

あらかじめ用意しておいた楽天会員IDでログインしてください。

住所や電話番号が未登録の場合入力する必要があります

楽天市場をすでに利用しており、住所や電話番号、生年月日などをすでに入力している場合このステップは不要です。

 

まだ、住所などの入力がすんでいない場合この時点で入力する必要があります。

下記フォームに必要事項を入力していってください。

ここで入力する情報は、

  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別

上記4点となります。

すでに登録済みの方にはこの画面は表示されません。

 

入力が完了すると確認画面が表示されます。

会員情報を追加登録する」をクリックしてください。
すると、「会員情報が変更されサービスが利用可能となりました。」と表示されます。
 
その下にある「続けてサービスを利用する」をクリックしてください。

カードの種類を選択
申し込みたい楽天カードを選択してください。
 
まずは年会費無料の「楽天カード」を発行し、その良さを知ることから始めましょう。その後、気に入ればゴールドカードへのアップグレードなどが良いでしょう。
 
そのため、「そのままお申し込みへ」をクリックします。
国際ブランドの選択

楽天カードは

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • AmericanExpress

上記4つの国際ブランドから選択することが出来ます。

デザインの選択
次に楽天カードのデザインを選択してください。
通常デザインのカードのほか、楽天パンダデザインや楽天ピンクカードを選択することが出来ますよ!

 

また、上記で選択した国際ブランドにより選択できるデザインも異なります。

【楽天VISAカードの場合】
【楽天Masterカードの場合】
【楽天JCBカードの場合】
【楽天AmericanExpressカードの場合】
名前・性別・生年月日・電話番号の確認
名前・性別・生年月日・電話番号は楽天会員の情報から自動入力されています。
間違いがないか確認してください。

メールアドレスの入力
メールアドレスは楽天会員登録した際に入力したものが自動的に入力されています。
キャリアアドレスを追加登録したい場合は入力してください。

メール設定・住所の入力
次にメールの受取設定・住所入力を行います。
 
楽天からのキャンペーンメールを希望する場合は「受け取る」を選択し、楽天からのキャンペーンメール受取を希望しない場合は「受け取らない」を選択してください。
 
メールの受取設定は楽天会員専用サイト「楽天e-NAVI」からいつでも変更する事が出来ます。
楽天カードを発行した後よく使うサイトになるので楽天e-NAVIはブックマーク登録しておくことをおすすめします。
楽天カード会員専用サイト楽天e-NAVIはこちら

 

住所の入力ですが、郵便番号を入力すると候補がいくつか表示される仕組みになっています。

「〇〇〇-〇〇〇〇」のようにハイフンをつけて郵便番号を入力した後「郵便番号から住所表示」をクリックしてください。

家族情報・住居情報の入力

次に家族の情報や住居情報を入力していきます。

ご家族について

ここでは家族状況について入力していきます。

  • 配偶者有 子供有
  • 配偶者無 子供無し
  • 配偶者無 子供有
  • 独身(家族別居)
  • 独身(家族同居)

上記の中から自分に合ったものを選択してください。

世帯人数の入力

次に世帯人数の入力を行います。
選択式になっているため、簡単に入力できますよ!

 

家族の世帯人数を選択肢の中から選択してください。

住居状況の入力

ここでは住んでいる「自宅」についての情報を入力していきます。

  • 持家(自己保有)
  • 持家(配偶者保有)
  • 持家(配偶者以外保有)
  • 賃貸マンション
  • アパート
  • 借家
  • 社宅・官舎
  • 下宿・間借り
  • その他

上記から選択することが出来るため、自身に合ったものを選択してくださいね。

住居年数

ここでは今住んでいる場所に何年間住んでいるのかを入力します。
選択式で簡単に入力できるようになっているため、ご自身に合ったものを選択してください。

住宅ローンもしくは家賃のお支払い

マイホームを持っている方は「住宅ローン」の支払いの有無、賃貸の方は「家賃」の支払いの有無を入力します。
 
いずれかの支払いがある場合は「支払いあり」を選択し、自宅を一括で購入した方や住宅ローンを完済済みの方など住居費に関しての支払いがない方は「支払いなし」を選択してください。

勤め先(学校)や預貯金金額、他社借入状況の入力
ここでは勤務先や学校情報、貯金金額や借入状況について入力していきます。
 
ここで入力した情報はかなり大きく審査に影響するため嘘偽りはもちろん、入力ミスがないようしっかりと入力してください。

お勤め先・学校名について

働いている人ならば「お勤めの方」を選択し、学生の方は「学生の方」を選択します。
 
楽天カードは働いている人に限らず、収入のない方や年金受給者の方も審査対象となっています。
年金受給者の方は「年金受給の方」無職の方は「お勤めされていない方」を選択してください。

ご本人様税込み年収の入力

「お勤めの方」を選択すると、年収を入力する画面が表示されます。
税引き前の「税込み年収」の金額を入力してください。

 

まだ働き出して間もなく年収が分からない場合、1ヶ月分のお給料×12で算出された金額を入力すれば問題ありません。

預貯金金額の入力

ここでは預貯金金額の申告を行います。

 

選択式で簡単に入力できるようになっているため、自分自身に合ったものを選択してください。

また、申告しないことも可能です。

請求書送付先の入力

ここでは利用明細の送付先を入力します。

 

ただ、基本的にWeb明細を利用することになると思うのであまり気にする必要はありません。

無難に「自宅」を選択しておくと良いでしょう。

カード入会後のご利用目的

ここでは楽天カードの利用目的を選択します。

基本的には「普段のお買い物等に利用」を選択してください。

 

「現金のお借り入れ等に利用」を選択してしまうと、カード会社としては「この人はお金に困っているのかな?」と思ってしまいます。

そのため、基本的には「普段のお買い物等に利用」のみの選択でOKです。

他社からのお借入金額の入力

カードローンやショッピングローンなど他社からの借入がある人は「あり」を選択し、他社からの借入がない方は「なし」を選択してください。

他クレジットカードのショッピング枠の利用のみの場合も「なし」で大丈夫です。

 

楽天カードに他社での借入なんて分からないから嘘をついて「なし」を選択した場合もCICなどの指定信用情報機関の情報を元に楽天カードは借り入れ状況を把握することが出来ます。

 

嘘をついても良いことはないため、正直に入力してくださいね。

楽天Edyの設定

ここでは楽天カードに楽天Edyを付帯するかどうか、楽天Edyを付帯する場合オートチャージ設定をどうするかなどの設定を行います。

 

楽天Edyは基本的には付帯することをおすすめします。

 

楽天Edyを付帯することで、年会費などの費用がかかってくることはありませんし、楽天Edyに500円分の残高がチャージされた状態で楽天カードが自宅に届きます。

そのため、特にこだわりがなければ楽天Edyを申し込むにチェックをしておきましょう。

ご利用代金お支払い口座の設定

ここでは楽天カードの利用代金を支払う銀行口座を登録します。

おすすめは「楽天銀行

 

楽天カード利用代金を楽天銀行から支払うことで、楽天SPUの対象となり楽天市場でのポイント還元率が+1倍となります。

そのため、楽天カードの利用代金は楽天銀行から支払うことをおすすめします。

暗証番号の設定

ここでは暗証番号の設定を行います。

暗証番号は0から9までの数字4桁の組み合わせとなります。

 

ここで設定した暗証番号は実店舗での利用時など必要になる場面が多々あります。

絶対に忘れないようにしましょうね。

勤務先情報(学校情報の入力)

ここでは前回「お勤めの方」を選択したを例に申し込み方法を紹介させていただきます。

お勤めの方以外を選択した方であっても難しいことは聞かれないので安心してくださいね。

 

「お勤めの方」を選択した場合、勤務先情報を入力していく必要があります。

勤務先名(法人呼称の入力)

ここでは株式会社なのか、有限会社なのかといった情報を入力していきます。

  • 株式会社〇〇
  • 〇〇株式会社
  • 有限会社〇〇
  • 〇〇有限会社
  • その他
上記5つの中から自分の働いている会社に当てはまるものを選択してください。

勤務先名の正式名称の入力

次に、勤務先名の正式名称を入力していきます。
「株式会社」や「有限会社」を除いた会社の正式名称を入力してください。

例:空旅マイル情報館株式会社の場合「法人呼称→〇〇株式会社」「勤務先名正式名称→空旅マイル情報館」

勤務先所在県名

会社所在地の都道府県名を入力してください。

勤務先電話番号

勤務先の電話番号を入力してください。

 

基本的に在籍確認はなく、延滞などしなければ電話がかかってくることはありません。

安心して入力してくださいね。

勤務状況や詳細を入力
勤続年数

入力した会社で働いている年数を入力してください。

職種

職種を入力してください。

職種は、

  • 営業
  • 接客・販売
  • 事務
  • 労務
  • 教育
  • 外交員
  • 技術
  • 運転
  • その他

上記9つから選択することが出来ます。

職業

職業では雇用形態を入力します。

  • 会社員
  • 自営業
  • 公務員
  • パート・アルバイト
  • 派遣・契約社員
  • 役員
  • その他

この中から自分に合ったものを選択しましょう。

業種

あなたの勤めている会社がどんな業種の会社なのか入力していきます。
ここでは、

  • 製造業
  • 卸売・小売
  • 教育医療
  • 情報通信
  • 公務・団体
  • 土木・建設業
  • 金融保険業
  • 運送業
  • 飲食業
  • 不動産業
  • 出版印刷
  • 電気・ガス・水道・熱供給
  • 農林水産蓄産・鉱業

上記13この中から選択することができます。

運転免許証等の確認

運転免許証がある場合は「あり」を選択し、運転免許証の番号を入力し、「次へ」をクリックしてください。
 
運転免許証がない場合、「なし」を選択して「次へ」をクリックします。

オンライン口座振替を選択した人はこの段階で口座振替の手続き
オンライン口座振替を選択した人は、この段階で口座振替手続きを行います。
 
オンラインで口座振替の手続きを行えば、郵送で口座振替の手続きを行う必要がないためおすすめですよ!

申込内容の確認
ここでは入力内容に間違いがないことを確認し、

  • 「Web明細サービス利用規約」に同意します。
  • 「Web書面サービス利用規約に」に同意します。

「Web書面サービス利用規約」に同意しなくてもカード発行はできますが、毎月紙の明細が発行されるうえ、84円の手数料が発生します。
 
Web明細を利用したくない場合チェックを外してもよいですが、基本的には同意することをおすすめします。

申し込みを完了
お疲れさまでした!
「同意する」にチェックを入れたのち、「お申し込みを完了する」をクリックしてください。
 
申し込みが完了してから最短当日中、遅くても1週間以内にはメールにて審査結果が通知されます。

    6楽天カードの審査基準を紹介

    楽天カードは他社カードに比べ比較的柔軟に審査を行っています

    そのため、過去に延滞したことがない限り審査におびえる心配はないと言えそうです。鉱

     

    ただ、楽天カードは「途上与信」と呼ばれる抜き打ち審査を頻繁に行っています。

    途上与信ではCICなどの指定信用情報機関を通して、楽天カードに限らず他社カードなどの支払いの延滞情報を調べます。

    このとき、他社カードなどで延滞していたことが判明した場合楽天カードの利用限度枠を減らされたり、最悪の場合強制解約されてしまう可能性もあります。

     

    楽天カードの審査の特徴としては、入り口は大きくしているが利用状況を吟味し利用者を選別しているイメージですね。

    自社での延滞はもちろん、他社での延滞にも厳しく目を光らせています。

     

    延滞は著しく信頼を損なう行為なため、絶対に決められた期日を守り支払いを行ってくださいね。

    キャッシング枠を希望すると審査に影響する

    楽天カードを申し込むとき、キャッシング枠付帯の有無を聞かれます。

    ここでキャッシング枠を希望してしまうと、審査に少なからず影響してきます。

     

    なぜなら、カード会社はキャッシング枠を希望する=お金に困っているのかなと考えるからです。

     

    また、キャッシング枠を希望すると総量規制という別の法律を元に審査を行わなければなりません。

    総量規制とは銀行以外のクレジットカード会社や消費者金融などが年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないという法律です。

     

    そのため、審査に時間がかかってしまいますしショッピング枠のみの時に比べ審査が厳しくなってしまう傾向があります。

    キャッシング枠はカード発行後にも申請することが出来るため、カード入会時はキャッシング枠をつけないようにしましょう。

    審査状況の確認方法

    楽天カードの審査状況確認は簡単です。

    こちらのページへアクセスし、下記3点の必要情報を入力してください。

    • カード申し込み受付ID
    • 生年月日
    • 電話番号の下4桁

    上記3点の情報を入力することで、審査状況の確認を行うことが出来ます。
    審査完了のお知らせはメールでも届きますが、どうしても気になってしまう方は活用してみてください。

    7楽天カードの種類

    楽天カードにはこれまでご紹介してきたスタンダードなクレジットカードの他にも、様々な種類のラインナップが用意されています。

    スタンダードな楽天ーどの他にも、個性豊かな様々なカードラインアップが用意されているため、本記事を参考に自分に合った楽天カードを見つけていただければとても嬉しく思います!

    楽天ピンクカード

    楽天ピンクカード

    楽天ピンクカード

    楽天ピンクカードは女性向けの楽天カードとなっています。

    ただ、女性向けではありますが男性の方が楽天ピンクカードへ加入することもできます。

    楽天ピンクカードではライフスタイルに応じて、下記特典を有料で追加することができるようになっています。

    楽天グループ優待サービス

    月々300円+税を支払うことで、楽天サービスでの様々な優待を受けることができます。

    日常的に楽天サービスを利用している方であれば、とてもお得なサービスとなっています。

    具体的には、下記のようなサービスを受けることができるようになっています。

    • 楽天市場で500円引きのクーポン
    • 楽天トラベル1,000円OFF
    • 楽天ブックスで本やCD、DVDなどが100円引き
    • 楽天TV20%OFF
    • 楽天Kobo電子書籍が10%OFF

      ライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」

      ライフスタイル応援クーポンは月額300円+税で利用でき飲食店や映画館、習い事など110,000以上の様々なジャンルでディスカウントを受けることができるサービスです。

      たとえば、このような割引を受けることができます。

      • 上島コーヒー10%OFF
      • 八景島の1日券650円引き
      • 日産レンタカーでの大幅ディスカウント

        このほかにも様々なジャンルの業種でディスカウントを受けることができます。

        女性のための保険「楽天PINKサポート」

        楽天ピンクカードへ加入すると「楽天PINKサポート」という団体保険へ加入することができます。

        楽天が三井住友海上火災保険が団体契約を結びサービスを提供しているため、規模の力でお手軽な保険料を実現しています。

        • 月々30円からの女性特定疾病保障プラン
        • 月々220円からの個人賠償責任補償プラン
        • 月々240円からのケガ保証プラン
        • 月々330円からの携行品損害補償プラン

          上記4つの保険へ加入できます。

          男性も加入可能

          楽天ピンクカードは女性限定のクレジットカードと思われがちですが、男性の方であっても問題なく加入することができます。

          楽天ANAマイレージカード

          楽天ANAマイレージクラブカード

          楽天ANAマイレージクラブカード

          楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージクラブサービスが一体になったクレジットカードです。

          これ一枚で、

          • ANAマイレージクラブカード
          • クレジットカード
          • 楽天ポイントカード
          • 楽天Edy

            上記4つの機能を使うことができます。

            通常年会費550円が年1回以上の利用で無料に

            楽天ANAマイレージクラブカードの年会費は550円ですが、年に1回以上利用することで無料にすることができます。

            そのため、実質的に楽天ANAマイレージクラブカードの年会費は無料といっても良いでしょう。

            200円につき1ANAマイレージがたまる

            楽天ANAマイレージクラブカードの利用200円につき1ANAマイル貯めていくことができます。

            マイル還元率に直すと、0.5%。残念ながら、マイル還元率はそんなに高いとはいえません。

             

            また、通常のANAカードではもらうことのできる継続マイルやボーナスマイルをもらうことはできません

            マイルをためたいならば、ほかのクレジットカードの方が良いでしょう。

            楽天アカデミーカード

            楽天アカデミーカード

            楽天アカデミーカード

            楽天アカデミーカードは学生のみが持てる学生カードとなっています。

            学生限定のお得なクレジットカード

            楽天アカデミーカードは学生専用クレジットカードのため、楽天一般カードに比べ審査基準が緩く設定されています。

            また、基本的にはアルバイトをしていない学生さんも発行できます。

            さらに、楽天一般カードの基本機能はもちろん学生限定のお得なサービスを利用することができます。

            発行から1年間ポイント還元率が大幅UP

            楽天アカデミーカードは、楽天一般カードに比べ楽天サービス利用時のポイント還元率が大幅にUPします。

            ポイント還元率がアップする対象サービスは下記の通りです。

            • 楽天ブックス:最大5倍
            • 楽天ブックスダウンロード:最大3倍
            • 楽天トラベル・高速バス:最大3倍

              初年度1年間のみのポイント還元率UPとなりますが、少なくても楽天一般カードに比べお得に楽天サービスを利用することができます。

              利用限度額が自分自身で設定可能

              楽天アカデミーカードの限度額は、決められた利用可能枠の範囲内でさらに自分自身で設定することができます。

              たとえば、審査の結果利用可能枠30万円で通過した場合も自分自身で利用可能枠を20万円に設定できるのです。

              そのため、使いすぎるリスクを防ぎながらカードライフを楽しんでいくことができます。

              楽天ゴールドカード

              楽天ゴールドカード

              楽天ゴールドカード

              楽天ゴールドカードはゴールドカードでありながら年会費2,000円+税と非常にリーズナブルな価格で持てるのが特徴です。

              楽天カードより高いポイント還元率

              楽天ゴールドカードのポイント還元率は楽天一般カードと同じく1%ですが、楽天市場でのお買い物時にはSPUでポイント還元率+4倍になります。

              そのため、

              • 楽天会員:ポイント還元率1%
              • 楽天ゴールドカード:+4倍

                上記のようになり、楽天市場でのお買い物時に最低でも5%還元を受けることができるようになります。

                楽天市場でのお買い物金額100円につき5ポイントも貯めていくことができるため、楽天ポイントがどんどんと貯まっていきます。

                空港ラウンジが利用可能

                楽天ゴールドカードを発行すると国内の主要空港ラウンジが年2回まで利用できるようになります。

                利用できるラウンジは下記の通りです。

                空港名 ラウンジ名
                新千歳空港 スーパーラウンジ・ノースラウンジ
                函館空港 ビジネスラウンジ「A Spring」
                旭川空港 LOUNGE 大雪(TAISETSU)
                青森空港 エアポートラウンジ
                秋田空港 ロイヤルスカイ
                仙台国際空港 ビジネスラウンジ
                羽田空港T1 POWER LOUNGE CENTRAL
                羽田空港T2 POWER LOUNGE NORTH・エアポートラウンジ
                羽田空港T3 スカイラウンジ
                成田空港T1 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1・TEIラウンジ
                成田空港T2 IASS EXECUTIVE LOUNGE 2・TEIラウンジ
                中部国際空港セントレア プレミアムラウンジセントレア・第二プレミアムラウンジセントレア
                富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
                新潟空港 エアリウムラウンジ
                富山空港 らいちょう
                小松空港 スカイラウンジ白山
                関西空港 カードメンバーズラウンジ 比叡・カードメンバーズラウンジ 六甲・カードメンバーズラウンジ アネックス六甲・カードメンバーズラウンジ 金剛・KIXエアポートラウンジ
                伊丹空港 ラウンジオーサカ
                神戸空港 ラウンジ神戸
                岡山空港 ラウンジマスカット
                広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
                米子鬼太郎空港 ラウンジ DAISEN
                山口宇部空港 ラウンジきらら
                高松空港 ラウンジ 讃岐
                松山空港 ビジネスラウンジ
                徳島阿波おどり空港 ヴォルティス
                福岡空港 くつろぎのラウンジTIME・ラウンジTIMEインターナショナル
                北九州空港 ラウンジひまわり
                大分空港 ラウンジくにさき
                長崎空港 ビジネスラウンジアゼリア
                阿蘇くまもと空港 ラウンジ「ASO」
                鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
                那覇空港 ラウンジ華〜hana〜

                →→→→→→→→→→→→

                また、楽天ゴールドカードを発行すると上記国内空港に加え海外の空港ラウンジも利用できるようになります。

                楽天ゴールドカードで利用できる海外空港ラウンジは下記3つになります。

                韓国仁川空港 IASS インチョン ラウンジ -MATINA-
                韓国仁川空港 IASS インチョン ラウンジ 2 -AirCafe-
                ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

                →→→→→→

                また、楽天ゴールドカードで利用できるラウンジは契約者本人のみ無料となり同伴者は有料となります。

                ETCカードが無料

                楽天一般カードの方がETCカードを申し込む場合、通常年会費550円が発生します。

                しかし、楽天ゴールドカードならばETCカードを年会費無料で作成することができます。

                ETCカード利用分にも利用金額の1%のポイント還元を受けられるため大変お得です。

                楽天ゴールドカードへの新規入会はこちら

                楽天プレミアムカード

                楽天プレミアムカード

                楽天プレミアムカード

                楽天プレミアムカードは自分から申し込める楽天カードの中で最上級のクレジットカードになります。

                楽天プレミアムカードの年会費も最上級にふさわしい1万円+税という価格設定になっています。

                楽天プレミアムカードには上記で挙げてきた楽天カードの特典に加え、下記2つの特典が付帯します。

                ゴールドカードの特典に加えプライオリティパスが付帯

                楽天プレミアムカードの一番の目玉といっても良い特典がこれ。

                楽天プレミアムカードを発行すると、年会費429米ドルのプライオリティパスプレステージ会員資格が無料で付帯します。

                プライオリティパスは旅行好きにはたまらない、空港のVIPラウンジが無料で使い放題になる会員証のことです。

                年会費たった1万円の楽天プレミアムカードを発行するだけで年会費429米ドル(46,000円ほど)のプライオリティパスプレステージ会員になれるのです。

                3つの中から選べる特典

                楽天プレミアムカードを発行すると、下記3つのコースから1つを選択することができます。

                • 楽天市場コース
                • トラベルコース
                • エンタメコース
                楽天市場コースとは

                楽天市場コースとは毎週火曜日・木曜日に楽天市場で楽天プレミアムカードを使い決算するとポイント還元率がさらに+1倍になります。

                楽天プレミアムカードを持っていれば常時楽天市場でのポイント還元率が5%以上となりますが、火曜日と木曜日に楽天市場でお買い物をすることで楽天市場でのポイント還元率を常時6%以上とすることができます。

                楽天市場でよくお買い物をする人におすすめのコースです。

                トラベルコースとは

                楽天トラベルでの予約時に楽天プレミアムカードを使い決算すると、ポイント還元率が+1倍となります。

                さらに、手荷物宅配無料サービスを年に2回まで利用することができます。

                自宅から空港までの手荷物や、空港から自宅までの手荷物を年に2回まで無料で郵送することができます。

                楽天トラベルをよく使っている人や手荷物サービスを利用したい人ににおすすめのコースです。

                エンタメコースとは

                楽天TVや楽天ブックスの利用料金を楽天プレミアムカードで支払うと、ポイント還元率が+1倍となります。

                家の中で映画や音楽、本などをじっくりと楽しみたい人におすすめのコースです。

                楽天プレミアムカードへの新規入会はこちら

                楽天ブラックカード

                楽天ブラックカードはインビテーション限定で申し込むことができる幻のクレジットカードです。

                どんなに年収が高い人だろうと、楽天カードからの招待を受けなければ審査すらしてもらえません。

                インビテーション限定の幻のクレジットカード

                楽天ブラックカードの年会費は3万円+税。

                ブラックカードの中では比較的リーズナブルな年会費となっています。

                ただ、インビテーションの条件などすべてがブラックボックス。

                 

                噂では、楽天へ貢献している人へ積極的に発行しているのだとか...ただ真偽のほどは不明です。

                楽天ブラックカードに付帯するプライオリティパスは同伴者2名まで無料になったり、楽天プレミアムカードの選べる特典が3つ全て付帯していたりと幻のクレジットカードにふさわしい特典を受けることができます。

                8楽天カードのおすすめの使い方

                楽天カードは年会費永年無料で持つことが出来、ポイント還元率も高いとても優秀なクレジットカードです。

                また、楽天カードの利用で貯めることのできる楽天スーパーポイントはとても優秀で、楽天市場での利用はもちろん町中で利用できたり、投資に回すことが出来たり、さらにはANAのマイレージへと交換することができたりとても使い勝手の良いポイントです。

                 

                そんな使い勝手の良い、楽天スーパーポイントを効率良く貯めていくために楽天カードのおすすめの使い方をご紹介していきます!

                これを参考に、ぜひ楽天カードをお得に使いこなせるようになってくださいね!

                楽天カードを楽天市場での決済に使う

                楽天カードは通常1%還元ですが、楽天SPUにより楽天市場での還元率が常時3%以上となります。

                さらに「5」と「0」の付く日に楽天カードを楽天市場で利用するとさらにポイント還元率+2倍となるため、楽天市場でのポイント還元率が5%以上と今まで以上に楽天市場でお得にお買い物を楽しむことが出来ます。

                また、楽天SPUの他の条件を達成してれば楽天SPUだけでもポイント倍率を最大16倍にまでUPさせることが出来ますよ!

                対象サービスポイント倍率
                楽天会員1倍
                楽天モバイル+1倍
                楽天ひかり+1倍
                楽天カード+2倍
                楽天ゴールドカード・プレミアムカード+2倍
                楽天天銀行から楽天カード分引き落とし+1倍
                楽天保険の保険料を楽天カードにて支払い+1倍
                楽天でんき+0.5倍
                楽天証券で500円以上の投信購入月+1倍
                楽天トラベルにて5,000円以上の利用月+1倍
                楽天市場アプリ+0.5倍
                楽天ブックスでの1,000円以上の買い物月+0.5倍
                楽天koboでの1,000円以上の買い物月+0.5倍
                トクダネ対象商品の購入で100以上の獲得&レシート撮影+0.5倍
                RakutenFashion買い物月+0.5倍
                NBARakutenか楽天バ・リーグSpecialの契約+1倍
                楽天ビューティー3,000円以上の利用月+1倍

                楽天カードを楽天証券で投資信託の積立購入に使う

                楽天証券で楽天カードを使った投資信託の積立購入が出来ることをご存じでしたか?

                楽天証券では、楽天カードを使った投資信託の購入が毎月5万円まで行えるようになっています。

                さらに、投資信託の購入100円につき1ポイントが付与されます。

                 

                クレジットカードを使って投資信託を購入でき、ポイントまでもらえると言うことは…

                分の資産を購入しているだけなのにもかかわらず、どんどんと楽天スーパーポイントを貯めていくことができてしまうのです。

                 

                投資信託は日々評価額の増減はありますが、経済が成長していく限り基本的には右肩上がりに上がっていくものです。

                今回のコロナショックのように一時的に大暴落してしまうときも来るかもしれませんが、忍耐強く待っていれば必ず回復します。

                 

                楽天カードを使った楽天証券での投資信託購入もおすすめです!

                楽天Payと組み合わせることでさらに高還元に!

                楽天Payは楽天の提供するコード決済サービスです。

                 

                楽天Pay200円の利用につき1楽天スーパーポイントが貯まり、楽天カードから支払えばさらに100円につき1楽天スーパーポイントが貯まります。

                ポイントの2重取りができ、ポイント還元率は1.5%となるためどんどんと楽天スーパーポイントを使うことが出来ますよ!

                9楽天カードはこんな人におすすめ

                年会費無料でポイント還元率がとても高い楽天カード。

                 

                楽天カードは初めて持つ一枚にも最適なクレジットカードです。

                楽天カードはどんな人にもおすすめできる万能なクレジットカードですが、下記3点に当てはまる方には特におすすめです。

                普段からよくお買い物をする方

                楽天カードはどこで利用したとしても常時還元率1%以上ととてもお得に利用できるクレジットカードですが、楽天SPUにより楽天市場で楽天カードを利用すると常時3%以上のポイント還元となりとてもお得に楽天市場でのお買い物を楽しむことが出来ます。

                 

                そのため、楽天市場でよくお買い物をしている人に楽天カードはとてもおすすめですよ!

                とりあえず年会費無料で高還元なカードがほしい方

                楽天カードは年会費や入会金など一切不要で持てるクレジットカードです。

                また、どこで利用しても常時1%還元ととても高いポイント還元率を誇っています。

                 

                そのため、

                • 年会費無慮のクレジットカードが欲しい
                • ポイント還元率の高いクレジットカードが欲しい

                このようなクレジットカードを求めている方にとって、楽天カードはとてもおすすめです!

                海外決算でも使えるクレジットカードがほしい方

                楽天カードは海外でも日本国内と同じように利用することが出来ます。

                わざわざ両替所に行き両替をする手間がなく、簡単に海外で決済することができるようになるのです。

                 

                もちろん現地で100円相当の利用につき1楽天スーパーポイントを貯めていくができ、大変お得です。

                海外でも気軽に決済できるようになりたい方へ、楽天カードはとてもおすすめですよ!

                楽天カードへの新規入会はこちら

                10楽天プレミアムカードの発行でさらにお得に!

                楽天カードの上位カードである「楽天プレミアムカード」を発行することでさらにお得に楽天カードライフを送ることが出来ます。

                楽天プレミアムカードでは、楽天市場でのポイント還元率がアップするほか、空港のVIPラウンジが使い放題になるカード「プライオリティパスプレステージ会員」の特典が付いていたりと、旅行好きにはとっても嬉しい特典が多く付帯しています。

                 

                楽天プレミアムカードはトラベラーの方にはもちろん、出張が多い方や楽天市場をたくさん利用する方にとって楽天カードよりもお得に利用できるクレジットカードです。

                下記記事で楽天プレミアムカードについて詳しく紹介しているので、是非詳細をご確認ください!

                11楽天カードの作り方まとめ

                いかがでしたでしょうか。

                楽天カードの作り方は思っていたよりも簡単だと思いませんか?

                 

                年会費永年無料で高いポイント還元率、その他にも様々な特典が付帯している「楽天カード」

                発行したからと言って費用が発生するわけではないためぜひ一度楽天カードを使ってみてください。

                きっと、楽天カードのポイントの貯まり方に驚くことでしょう。

                 

                ぜひ、楽天カードを発行しお得な楽天カードライフを楽しんでくださいね。

                楽天カードへの新規入会はこちら

                Twitterでフォローしよう

                おすすめの記事