楽天カード締め日・支払日
楽天カード締め日・支払日

顧客満足度指数調査で11年連続1を獲得した楽天カード。

老若男女問わず人気を集めています。

そんな大人気な楽天カードですが、しっかりと締め日・支払日を理解した上で利用していますか?

今回の記事では、楽天カードの締め日・支払日について徹底解説していきます。

1楽天カードの締め日・支払日

楽天カードの締め日・支払い日は下記のようになっています。

  • 締め日:月末
  • 支払日:翌月27日

1日から月末に楽天カードを利用しお買い物した分の金額が翌月27日にまとめて請求されます。

ただ、楽天カードの締め日は少し複雑で楽天市場でのお買い物分に限り毎月25日締めとなっています。支払日は同じ27日ですが、楽天市場利用分26日~翌月25日分と楽天市場以外での利用分1日~月末分が翌月27日に請求されます。

楽天カードへの新規入会はこちら

支払日が土日祝日の場合

土日祝日は銀行が開いていないため楽天カードの利用分引き落としを行うことができません。

そのため、27日が土日祝日だった場合銀行の翌営業日に引き落とされます。

この場合、延滞扱いになることはないので安心してください。

引き落とし日前日の口座残高には注意しよう

引き落とし日の口座残高には十分に注意しましょう。

いや、引き落とし日の前日には支払えるだけの金額を入れておいた方が良いでしょう。

なぜなら、多くの場合支払日の午前0時に口座引き落としが実行されるからです。

そのため、明日引き落とし日だから、明日入金しよう。それでは遅いのです。

 

もし引き落とし処理実行時に口座に支払えるだけの金額が入金されていなかった場合、口座引き落とし手続きが正常に完了せず延滞扱いとなってしまいます。

支払いが遅れるとどうなるのか

支払いが遅れてしまい延滞扱いとなってしまうと様々なデメリットがあります。

主なデメリットとしては、

  • カード会社からの信用をなくす
  • 延滞を繰り返すとカードを強制解約される
  • 全ての金融機関で延滞情報を共有される
  • 各種ローンが組みにくくなる
  • 新しいクレジットカードが発行しにくくなる

などのデメリットが挙げられます。さらに、延滞情報は数年間残り続けます。
たった一度の延滞で数年間自分自身の信用を下げてしまうことになるため、必ず支払日の前日には口座残高をチェックしておくようにしましょう。

締め日・支払日は変更できるのか

楽天カードの締め日・支払日は変更できるのでしょうか。

答えはNOです。

給料日に応じて支払日が変更できれば良いなと思っている方も多いかもしれませんが、2020年5月時点では楽天カードの支払日を変更することはできません。

2楽天カード「仮確定日」と「確定日」の違い

楽天カードには「仮確定日」と「確定日」の2種類があります。

毎月12日にメールで請求予定金額が通知される

毎月12日頃に支払い予定金額が記載されたメールが届きます。

この時点では、請求予定の金額であり実際に請求される金額ではありません。

またこの時点では「仮確定」のため、

  • この金額は払うのきついな…
  • 今月のお給料は少ないから….
  • もっと支払金額低くしたい…

このような状況でも請求金額を変更することができます。
具体的には楽天e-NAVIから一部の請求をリボ払いへ変更したり分割払いへ変更したり、さらには楽天スーパーポイントを支払いに充当することで請求金額を調整することができます。

最終的な支払金額確定は確定日

毎月20日頃になると請求金額が確定します。

請求金額が確定した後は一切変更することができなくなります。支払日の前日である26日までに請求確定金額を引き落とし口座に用意しておきましょう。

3もし支払日に口座残高不足だったら

もし万が一口座残高不足で楽天カードへの返済ができない場合、信用情報に傷がついてしまう場合があるためできる限り早急に返済する必要があります。

楽天カードではもしもの時のために、返済日以降も2種類の方法で返済できるようになっています。

再振替サービス

楽天カードではもし万が一引き落とし日までにお金が用意できず、返済できなかったときのために再振替サービスを用意しています。

これは毎月28日から翌月3日までの間、毎日引き落としをかけてくれるサービスです。

引き落とし日が過ぎてしまっても、なるべく早く口座へ入金しておくことで再振替サービスによる返済を行うことができます。

 

再振替サービスに対応している銀行は下記の通りです。

三井住友銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行
りそな銀行 楽天銀行 埼玉りそな銀行
北海道銀行 北陸銀行 横浜銀行
千葉銀行 広島銀行 福岡銀行
熊本銀行 親和銀行 常陽銀行
肥後銀行 八十二銀行 ゆうちょ銀行

→→→→→→→→→

ゆうちょ銀行は再振替サービスに対応していますが、再振替が行われるのは毎月1日のみとなります。

そのため、27日を過ぎてしまったら月末までにゆうちょ銀行口座へ楽天カードへの支払い分を入金しておくようにしましょう。

振り込みでの返済

再振替サービスに対応していない場合や再振替サービスの期日も過ぎてしまった場合、自分から楽天カードの口座へ振り込んで返済する必要があります。

その際の振込手数料は負担しなければなりません。

また、振り込みで返済する場合楽天カードへ電話で連絡をし口座番号を教えてもらう必要があります。

楽天カードの連絡先は下記の通りです。

楽天カードコネクトセンター
0570-66-6910

4入金できなそうな時の対処法

引き落とし日までにお金が用意できない事が分かった場合、その時点ですぐに連絡しましょう。

返済日が過ぎても何も連絡せず、カード会社の方から連絡が来るのは問題外。

 

あなただって、貸したお金が返済の期日になっても返ってこなく何の連絡もない場合心配しますよね。

それは、カード会社も同じです。

返済するのが難しいと分かった段階で速やかにカード会社に相談し、返済する意思表示を示しましょう。

延滞を繰り返すとクレジットヒストリーが悪くなる

クレジットカードに限らず、延滞ばかりしているとクレジットヒストリーが悪くなります。

クレジットヒストリーとは各種ローンやクレジットカードなどの利用履歴のことで、契約金額や延滞委情報などが記録されています。

クレジットヒストリーはCICなどの個人信用情報センターを通して全ての金融機関で共有されています。

そのため、楽天カードで延滞をしてしまうと楽天カードだけでなく他の全ての金融機関に延滞情報が伝わってしまうのです。

 

そうなると、新たにクレジットカードが作りにくくなってしまったり最悪の場合強制解約させられたりしてしまいます。

また、住宅ローンや自動車ローンなどを契約するときにも不利になってしまいます。

どうしても厳しそうならリボ払いも検討しよう

どうしても返済が難しそうならば、後からリボなどを利用し支払金額を調整しましょう。

個人的にリボ払いは手数料が高すぎるためおすすめできませんが、延滞してしまうよりはまだマシです。

ひとまずリボ払いにしておき、お金に余裕ができたとき繰り上げ返済してください。

5支払いをしてから限度額が復活するタイミング

楽天カードへ返済してから利用可能枠が復活するタイミングはいつなのでしょうか。

それは銀行により異なります。

楽天銀行の場合、引き落としされた当日中に利用可能枠が復活しますが、楽天銀行以外の場合数営業日必要になってきます。

 

そのため、なるべく早く限度額を復活させたい場合楽天銀行を引き落とし口座に指定するのが良いでしょう。

6楽天カードではお得な入会キャンペーンを開催中

楽天カードは入会金・年会費などの一切費用がかからずに発行することの出来るクレジットカードです。

どこで使ってもポイント還元率1%と非常に高く、楽天市場での利用ならば常時3%以上の還元とものすごく高いポイント還元を受けることが出来ます。

 

そんな楽天カードですが、2020年6月19日現在新規入会で最大5,000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催しています!

この機会に楽天カードを発行してみるのはいかがでしょうか。

楽天カードでは新規入会で最大5,000ポイントがもらえる入会キャンペーン開催中

入会特典としてもらえるポイントの内訳として、2,000ポイントは楽天カード受取後に楽天e-NAVIから受け取り申請をする必要があります。

残りの3,000ポイントは対象期間中に1回以上カードを利用した場合期間限定ポイントとして付与されます。

楽天カードへの申込はこちらへ

 

また、RakutenUN-LIMIT加入でもらえる1,000ポイントは、楽天カード申し込みから一定期間以内にRakutenUN-LIMITの申し込みで対象となります。

そのため、楽天カードを申し込んだらすぐにRakutenUN-LIMITへ加入するのがベストです。

楽天UN-LIMITへの申し込みはこちら

入会特典で得られる期間限定ポイントに注意

入会特典でもらえるポイントのうちの一部は期間限定ポイントとなっています。

ポイントの有効期限が短いため、できるだけ早めにポイントを使うようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事