人気おすすめランキング_粉ミルク
人気おすすめランキング_粉ミルク

今回ご紹介するのは粉ミルク

粉ミルクは赤ちゃんの栄養面をサポートしてくれますし、お母さんやお父さんの負担を減らしてくれる育児の強い味方です。

 

しかし、粉ミルクはグリコ・明治・森永・和光堂などさまざまなメーカーから販売されていますし、缶タイプやスティック・キューブタイプなどいろいろな種類が売られていて、どれを選んで良いか迷ってしまいませんか?

「ぐんぐん」「はいはい」「ぴゅあ」「ほほえみ」など同じような名前の粉ミルクが多いです。

 

そこで今回は、粉ミルクの選び方と人気おすすめランキングをご紹介していきます。

 

粉ミルクの正しい選び方を詳しくお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、人気おすすめランキングはAmazon楽天市場の商品をもとに作成していますので、気になった粉ミルクがあればすぐに購入できます。

ぜひ最後までご覧ください!

1粉ミルクは育児の強い味方

赤ちゃんにとって粉ミルクは、離乳食がはじまる1歳頃までの大切な栄養素です。

 

粉ミルクは母乳と違ってお母さん以外の人でも飲ませられるので、お父さん・おばあちゃん・おじいちゃんなども育児に参加できます。

 

また、お母さんの体調が優れず母乳の出が悪いときや旅行のとき、保育園や実家に赤ちゃんをあずけるとき、災害時などにも活躍するお助けアイテムでもあります。

2混合育児は赤ちゃんに悪影響!?

完全母乳育児を「完母」、完全粉ミルク育児を「完ミ」と略して呼びますが、母乳と粉ミルクを併用する「混合育児」という方法もあります。

 

一昔前は「赤ちゃんは母乳によって健康に育つ」といわれていましたが、現在では厚生労働省の授乳・離乳支援ガイド2019によって粉ミルクでも栄養上に問題はないと結論付けられています。

 

実際に、粉ミルクには母乳に少ないビタミンDやビタミンKなどが多く含まれているのです。

国内の粉ミルクは母乳よりも安定した栄養素を与えることができるとして近年注目を集めています。

 

完全母乳育児(完母)にこだわらず、必要なときは粉ミルクに頼って混合育児にしていきましょう。

3旅行におすすめ!粉ミルクの選び方!

粉ミルクを選ぶ時はここに注目!
選ぶポイント1:タイプ
粉ミルクには缶タイプ・スティックタイプ・キューブタイプの3種類があります。
選ぶポイント2:お湯に溶けやすいかどうか
粉ミルクを作る上でお湯に溶けやすいかどうかは大切なポイントです。
選ぶポイント3:栄養素
粉ミルクの栄養素もチェックしておきましょう。
選ぶポイント4:月年齢
月年齢にあった粉ミルクを選びましょう。
選ぶポイント5:アレルギーや乳糖不耐症
アレルギーや乳糖不耐症に対応している粉ミルクを選ぶと安全です。
粉ミルクを選ぶ際のワンポイントアドバイス!
旅行に持って行くならスティック・キューブタイプの粉ミルクがおすすめです。小分けにされているので持ち運びやすいです。旅行先でお湯をもらったり、水筒にお湯を入れて持って来たりすればいつでもミルクが作れますよ。また、日帰り旅行やちょっとした外出なら缶タイプでも大丈夫。事前に哺乳瓶に粉ミルクを入れておけばいつでもミルクが作れます。

4著者おすすめの粉ミルクをご紹介!!

明治ほほえみ らくらくキューブ 27g×48袋入り
明治独自の母乳サイエンス
キューブタイプなのでいつでもどこでもだれでも簡単にミルクを作れます。個包装で保管しやすく、旅行などのおでかけにぴったりです。また、明治独自の母乳サイエンスで、DHAやアラキドン酸などの栄養素が豊富。赤ちゃんの成長を手助けします。
明治ほほえみ らくらくキューブ 27g×48袋入りを選んだ理由
キューブタイプという所がポイントです。個包装されていて持ち運びしやすく、保管・管理もしやすいです。まさに旅行にぴったりの粉ミルク。Amazon限定の48袋入りと、大容量でコスパも最強です。

5粉ミルクの選び方を詳しく紹介!

赤ちゃんとの旅行に持って行きたい粉ミルク。

しかし、粉ミルクはグリコ・明治・森永・和光堂などさまざまなメーカーから販売されていますし、缶タイプやスティック・キューブタイプなどいろいろな種類が売られていて、どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。

 

ここでは、粉ミルクの選び方を詳しくご紹介していきます。

「ぐんぐん」「はいはい」「ぴゅあ」「ほほえみ」など同じような名前の粉ミルクが多い中で、自分にあったものを選んでいけるようにしていきましょう。

粉ミルクを「タイプ」で選ぶ

粉ミルクには缶タイプ・スティックタイプ・キューブタイプの3種類があります。

それぞれの違いを把握して、選んでいきましょう。

大容量の缶タイプ

自宅で毎日使うなら、大容量でコスパの良い缶タイプの粉ミルクがおすすめ

300~800gまで大小さまざまな缶タイプの粉ミルクが販売されており、その都度作る量を自分で調節できます。

 

旅行には不向きかもしれませんが、事前に哺乳瓶に粉ミルクを入れておき、旅行先でお湯をもらったり水筒にお湯を入れて持ち歩いていればいつでもミルクが作れますよ。

 

注意点としては消費期限。開封後1カ月以内に使い切らないといけないので、粉ミルクをたまにしか使わない人にはおすすめできません。

小分けにされているスティック・キューブタイプ

たまにしか使用しないなら、小分けにされているスティック・キューブタイプの粉ミルクがおすすめ。

粉ミルクを作るときに計量がいらない手軽さと、持ち運びのしやすさが特徴です。

 

まさに旅行にぴったり。個包装されているので、保管や管理も楽ですよ。

 

欠点としては、コスパが悪いこと。缶タイプと比較するとお値段が高めになります。

また、計量がいらないということはミルクの量を調整できないということなので、そこは不便な点かもしれません。

「お湯に溶けやすいかどうか」は大切

新生児の赤ちゃんは多いときに1日7回も授乳しないといけません。

慣れない育児で疲れ切っているお母さんやお父さんの負担を減らすためにも、お湯に溶けやすくさっとミルクが作れるかどうかは重要なポイントです。

 

口コミなどを参考になるべくお湯に溶けやすい粉ミルクを選びましょう。

粉ミルクの「栄養面」はチェック

実は、粉ミルクの栄養面はあまり気にしなくてもいいんです!

なぜなら、国内の粉ミルクの栄養成分は厚生労働省の基準で決められているから。

 

国内ブランドの粉ミルクなら、どの商品でも安心安全です。

甘すぎる粉ミルクは要注意

ただし、甘すぎる粉ミルクは要注意。甘すぎると血糖値が上昇し、赤ちゃんが将来糖尿病になる可能性があります。

そこまで神経質になる必要はありませんが、完全粉ミルク育児や混合育児の方は少し頭の片隅に入れておきましょう。

「月年齢」に応じた粉ミルクを選ぼう

月年齢にあった粉ミルクを選びましょう。

育児用粉ミルク(0カ月~)

0カ月くらいの低月齢の赤ちゃんは、食事はミルクが中心。0カ月~12カ月までが対象となる低月齢用の粉ミルクを与えてあげましょう。

 

低月齢用の粉ミルクは、まだ消化能力がきちんと備わっていない赤ちゃんにも優しくできています。

母乳にも近い栄養素なので、安心して飲ませてあげられます。

フォローアップ粉ミルク(9カ月や1歳ころ~)

1歳頃になって離乳食がはじまると、まだ上手く食べられないために栄養不足になりがちです。

そんな時にフォローアップ粉ミルクを飲ませてあげましょう。

 

フォローアップ粉ミルクには不足しがちなカルシウム・ミネラル・鉄分などが多く含まれているため、離乳食のサポートになります。

アレルギーや乳糖不耐症に注意

赤ちゃんの体質によりますが、粉ミルクでアレルギー反応を起こしたり、乳糖不耐症になる場合があります。

 

アレルギー反応は粉ミルクに入っている「カゼイン」というタンパク質が原因。

粉ミルクを飲んでから24時間以内に下痢・湿疹・呼吸困難・嘔吐・血便などの症状が出たら早めに小児科を受診しましょう。

 

また、乳糖不耐症とは乳糖をからだの中で分解できないことによって起こる病気。

下痢や腹部の痛みなどが生じるので、乳糖不耐症が疑われたらこれもまた早めに小児科を受診しましょう。

6粉ミルクの人気おすすめランキング8選!

それではいよいよ、粉ミルクの人気おすすめランキングをご紹介していきます!

缶タイプ、スティック・キューブタイプ、フォローアップ粉ミルクの3部門でお届けしていきます。

 

また、気になる商品があった場合はAmazon楽天市場で購入を検討してみてくださいね。

缶タイプの粉ミルク人気おすすめランキング3選!

旅行にはちょっと不向きですが、大容量でコスパの良い缶タイプの粉ミルクのご紹介です。

森永 はぐくみ 大缶 810g×2缶パック

森永 はぐくみ 大缶 810g×2缶パック
Amazon限定2缶セット!
森永のはぐくみ粉ミルクは、最新の母乳研究をもとに栄養成分の質と量、バランスを母乳に近づけているミルクになります。0カ月~1歳頃までの赤ちゃんを対象に、成長をサポートしてくれます。
森永 はぐくみ 大缶 810g×2缶パックの口コミを紹介!
コスパが良い!

2缶セットでコスパが良い。森永さんなので安全性も信頼しています。
Amazonカスタマーレビュー

雪印メグミルクぴゅあ 820g

雪印メグミルクぴゅあ 820g
母乳研究から生まれた粉ミルク
赤ちゃんにとって最も良い食事・栄養は母乳ですが、乳児用粉ミルク「雪印ぴゅあ」は母乳が出ないときや、母乳が与えられないときに活躍する母乳代替品です。赤ちゃんの成長に大切な成分であるDHA・オリゴ糖・ヌクレオチド・β-カロテンなどが豊富に含まれています。
雪印メグミルクぴゅあ 820gの口コミを紹介!
混合育児に切り替えました

完母育児にこだわってたのですが、だんだんと難しくなり混合育児に切り替えました。雪印ぴゅあのおかげです。ちょっと甘いのでしょうか?すごく飲みつきが良いです。また、口コミの通り溶けやすいのでありがたいです。
Amazonカスタマーレビュー

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g
母乳に近い粉ミルク
和光堂は1917年に国内初の育児用ミルクを開発・発売して以来、母乳に近づけるために研究を重ねています。「はいはい」はお母さんと赤ちゃんのことを考えて作られた粉ミルクです。
和光堂 レーベンスミルク はいはい810gの口コミを紹介!
よく飲んでくれる!

うちの子どもははいはいだと良く飲んでくれます。完ミ育児なので、とても助かってます。
Amazonカスタマーレビュー

スティック・キューブタイプの粉ミルク人気おすすめランキング3選!

旅行に最適!スティック・キューブタイプの粉ミルク人気おすすめランキング3選です。

森永乳業 E赤ちゃん スティックタイプ 13g×10本

森永乳業 E赤ちゃん スティックタイプ 13g×10本
母乳のようにやさしい粉ミルク
牛乳とタンパク質を細かく小さく分解し、赤ちゃんの消化機能に配慮した「母乳のようにやさしいミルク」。赤ちゃんのまだ未熟な消化機能の負担を、母乳と同じくらいまで軽減させているので、成長に必要な栄養を安全に心配せずに摂取できます。
森永乳業 E赤ちゃん スティックタイプ 13g×10本の口コミを紹介!
乳糖不耐症の我が子でも飲めた

乳糖不耐症なのですが、なんとか飲めました。安全な粉ミルクです。
Amazonカスタマーレビュー

アイクレオ バランスミルク スティック 12.7g×10P 粉ミルク

アイクレオ バランスミルク スティック 12.7g×10P 粉ミルク
母乳に近い味・色・香り
グリコのアイクレオバランスミルクは、母乳をめざし成分ひとつひとつと原料にこだわった粉ミルクです。0カ月から飲むことができ、赤ちゃんの繊細な体にやさしいミルクとなっています。スティックタイプなので、忙しいときや旅行のときなどに大活躍です。
アイクレオ バランスミルク スティック 12.7g×10P 粉ミルクの口コミを紹介!
便秘が改善しました

2カ月頃からどうも便秘気味だったのですが、以前の粉ミルクがあっていなかったようです。アイクレオの粉ミルクにしてからは便秘が改善しました。
Amazonカスタマーレビュー

和光堂 レーベンスミルク はいはいスティックパック 13g×10本 粉ミルク

和光堂 レーベンスミルク はいはいスティックパック 13g×10本 粉ミルク
母乳に近いスティックタイプの粉ミルク
和光堂は1917年に国内初の育児用ミルクを開発・発売して以来、母乳に近づけるために研究を重ねています。「はいはい」はお母さんと赤ちゃんのことを考えて作られた粉ミルクです。スティックタイプなので旅行やちょっとした外出に便利。持ち運びや保管も楽ちんです。
和光堂 レーベンスミルク はいはいスティックパック 13g×10本 粉ミルクの口コミを紹介!
アトピー体質の子どもでも安全に飲ませられる

うちの子はアトピーを持っていて、食べ物に関しては十分気をつかっているのですが、和光堂さんのはいはいは安全です。0カ月からずっと使っています。
Amazonカスタマーレビュー

フォローアップ粉ミルクの人気おすすめランキング2選!

1歳からの栄養の手助けとしてフォローアップ粉ミルクを使いましょう!

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐんスティックパック 14g×10本 粉ミルク

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐんスティックパック 14g×10本 粉ミルク
牛乳や食事では不足しがちな栄養をおいしくサポート
ぐんぐんは、離乳食や普段の食事では不足しがちなカルシウムをはじめ、なかなか摂りにくい鉄、DHAなどの栄養素をバランスよく美味しく補えます。赤ちゃんの元気を考えて、美味しく栄養を手助け。9ヶ月~3歳頃まで召し上がれます。外出時や旅行などの携帯に便利なスティックタイプです。
和光堂 フォローアップミルク ぐんぐんスティックパック 14g×10本 粉ミルクの口コミを紹介!
ちょっと甘すぎるかな

少し甘い気もするけど、栄養補助になるかなと思って続けてます。
Amazonカスタマーレビュー

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×48袋入り

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×48袋入り
不足しがちな栄養をまとめてサポート
キューブタイプなのでいつでもどこでもだれでも簡単にミルクを作れます。個包装で保管しやすく、旅行などのおでかけにぴったりです。また、1歳頃から不足しがちなカルシウム・DHA・鉄分などの栄養素が豊富。赤ちゃんの成長をしっかり手助けします。
明治 ステップ らくらくキューブ 28g×48袋入りの口コミを紹介!
お湯で簡単に溶けた

とうとうステップになりました。なんだか感慨深いものがありますね。溶けにくいという口コミを見たのですが、そんなことはなかったですよ~。
Amazonカスタマーレビュー

お気に入りの粉ミルクを見つけよう!

粉ミルクの選び方と人気おすすめランキングをご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

旅行にはスティック・キューブタイプの粉ミルクがおすすめでしたね。

ぜひお気に入りの粉ミルクを見つけてみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事