レンタカーの賢い借り方を伝授!
レンタカーの賢い借り方を伝授!

国内のドライブ旅行には欠かせないレンタカー

しかし、レンタカーを利用したことがある人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

レンタカーを利用したことがない人は、どのようにして借りれば良いのかわからないと思います。

そこで今回は、レンタカーの賢い借り方をテーマにした記事になります!

 

レンタカーの利用は初めてという方から、レンタカーを久しぶりに借りるという方まで、幅広い人に読んでいただきたい内容です。

ぜひ最後までご覧ください!

1レンタカーの借り方や手続きの流れを初心者でもわかりやすく解説!

レンタカーの借り方を初心者でもわかりやすく解説していきます。

手続きの流れの中に重要なポイントがあるので、1つ1つおさえていきましょう!

レンタカーの借り方1.レンタカー会社を決めよう

まず、利用するレンタカー会社を決めましょう!

自分の家の近くにあるレンタカー会社から選ぶのもいいですが、レンタカー会社によっては条件や補償、値段が違ってくるので注意が必要です。

初心者でもレンタル可能か確認しよう

自分が運転免許取得後1年未満の場合、レンタカー会社がそのような初心者に車を貸出してるかどうかは重要なポイントです。

 

基本的には初心者でも車を貸出しているところが多いのですが、一部のレンタカー会社は初心者に貸出をしていなかったり、条件をつけてきたりします。

21歳未満や未成年には車を貸さなかったり、同乗者が義務付けられたりします。

 

大手レンタカー会社の対応を表にまとめてみました。

参考にしてみてください。

レンタカー会社名制限内容
オリックスレンタカーなし
タイムズレンタカーなし
トヨタレンタカー一部店舗での年齢制限
ニッポンレンタカー免許取得後1年未満の者がレンタルする場合、免許取得後3年経過した方の同情が必要です。
また、免許取得後1年経過していない人や21歳未満の方はNOCと呼ばれる「免責保証制度」へ加入することができません。
また、貸出可能の車の車種に制限がかかるほか、貸出前に事故防止のためのチェックや安全運転のアドバイスが行われる場合があります。
日産レンタカー店舗にもより異なりますが、免許取得後1年未満の方がレンタルする場合、免許取得後3年以上の方の同乗が必要になったり、免責保証制度へ加入できないことがあります。
レンタルしようと思っている店舗への事前確認をおすすめします。
ニコニコレンタカー免許取得後1年未満の方の免責保証制度への加入が認められていません。
また、免許取得後3か月未満の方がレンタルする場合、免許取得後3年以上経過している方の同情が必要となります。

万が一への備え「補償サービス」が充実しているか確認しよう

補償サービスが充実しているかどうかも重要なポイントです。

 

慣れない車、慣れない道路で運転することが多いため、レンタカーの事故発生率は非常に高いです。

料金の安さに惑わされて補償サービスのないレンタカーに乗ってしまうと、それだけ事故を起こしたときの損害リスクは多くなります。

 

万が一のことを考えて、保険や補償内容が充実しているレンタカー会社を選びましょう。

レンタカー比較サイトを使って、最安で借りれる会社を探そう

「 スカイチケットレンタカー 」を使って最安で借りれるレンタカー会社を探しましょう!

 

「 スカイチケットレンタカー 」はレンタカー比較サイトで、約60社の中から最安値で乗れるレンタカーを探すことができます。

以下のボタンから「 スカイチケットレンタカー 」のサイトを訪れてみましょう!

レンタカーの借り方2.レンタカーを予約しよう

レンタカー会社が決まったら、次は予約をしましょう!

 

当日予約でも構いませんが、ネットや電話での事前予約がおすすめです。

なぜなら、ネット予約で会員登録をすると会員割引になったり、ポイントがたまったりするからです。

 

また、GWや夏休み、年末年始、土日祝日などの繁忙期であれば当日予約だとレンタカーが全て埋まっていることも多いです。

基本的に、レンタカーは3カ月前から予約が可能なので、できるだけ早め早めの予約を心がけましょう。

レンタカー予約時に必要な情報とは?

ネット予約はホームページの案内に沿って必要事項を入力するだけなので、そこまで難しくありません。

 

本人情報(名前・住所・電話番号など)に加えて、下記の内容はしっかり決めておきましょう。

  • レンタカーの利用日(出発と帰着時間)
  • 利用店舗(出発店舗と返却店舗)
  • 車種(大きさやクラス、乗車人数)
  • その他(保険や補償、ETCやスタッドレスタイヤなどのオプション)

 

特にレンタカーの利用日は重要です。

キャンセル料金がかからないようにきちんとスケジュールを立ててから予約しましょう。

レンタカーの借り方3.補償サービスを選ぼう

もしもの時に備えて補償サービスを選びましょう。

事故が心配な方は「免責補償制度(NOC)」への加入がおすすめ

免責補償制度とは、もし事故を起こした場合、基本補償でまかないきれなかった自己負担額(およそ10万円)を補償してくれるものです。

 

大きな事故でも自己負担額が免除または減額されるので、基本補償よりも手厚いフォローと言えるでしょう。

免責補償への加入は1日だいたい540~2,160円(税込み)のところが多いです。

 

運転が不安な方は加入しておくのがおすすめです。

対人・対物賠償保険は「無制限」のものを選ぼう

免責補償制度に加えて、対人・対物賠償保険は「 無制限 」のものを選びましょう!

対人事故を起こしてしまった場合は、高額な治療費や損害賠償を請求される場合があります。

 

もしもの時に備えて、対人・対物賠償保険は無制限のものを選んでおいた方が良いでしょう。

レンタカーの借り方4.レンタル当日の受付手続きを済ませよう

予約もできて補償サービスも決まったら、当日の受付手続きを済ませましょう!

 

受付では自動車貸渡証を作成します。

運転免許証の提示や契約書へのサイン、補償・保険、その他注意事項などの説明があります。

気になることがあれば、この時点で聞いておくと良いでしょう。

 

全ての説明の後に支払いを済ませます。

現金またはクレジットカードで料金を支払いましょう。

レンタル当日に用意しておくべきものを紹介

レンタカーのレンタル当日に用意しておくべきものは以下の通りです。

  • ドライバーの運転免許証
  • 身分証明書(健康保険証やマイナンバーカード、パスポートなど)
  • 現金またはクレジットカード
  • ETCカード(高速道路を利用する場合)

 

また、複数人で運転する場合は全員分の運転免許証が必要です。

加えて、運転免許取得後1年未満の方は初心者マークも忘れないようにしましょう。

レンタル手続きが完了するまでに必要な時間は?

受付の時間はせいぜい5~15分です。

そんなに長くはかかりません。

レンタカーの借り方5.傷など車両状態をチェックしよう

受付での手続きが済んだら、レンタカーの傷や凹みをスタッフと一緒に見て回ります。

これは、出発前と返却後でレンタカーの状態に変化がないかを確認するためのものです。

 

小さな傷や凹みを見つけたら、すかさず指摘しておくようにしましょう!

レンタカーの借り方6.安全運転で旅行を楽しもう!

レンタカーは自分の車ではありません。

慣れていない車の運転はいつも以上に慎重に行いましょう。

 

自分の車とレンタカーでは、長さ・高さ・車幅感覚・内輪差などが違います。

 

また、エアコンやカーナビ、オーディオの操作も運転する前に確認しておきましょう。

運転中の操作は、よそ見運転と同様大変危険です。

2レンタカーの相場を知っておこう!

レンタカーの相場は、軽自動車や普通自動車を1日借りたとした場合、約3,000~10,000円程度です。

これはあくまでも相場です。

 

レンタカーの利用料金は車の大きさ(クラス)や車種、借りる期間によって大きく違ってきます。

また、ETCやスタッドレスタイヤ、チャイルドシートなどオプションをつけた場合も追加料金になるため、レンタカー利用料金は変わってきます。

オプション料金の相場は以下の通りです。

 

  • ETC搭載車・・・無料~500円/日
  • スタッドレスタイヤ・・・2,000~4,000円/日
  • チャイルドシート・・・500~1,000円/日

 

なお、レンタカー会社によってはインターネットから会員登録をすると会員価格でレンタカーに乗れる場合もあります。

レンタカー返却時の注意点

楽しいドライブ旅が終わりましたね。

次はレンタカーの返却が待っています。

 

レンタカー返却時の注意点を一緒に見ていきましょう。

返却する前にガソリンを満タンにしておこう

レンタカーを返却する前のガソリン満タン給油は義務です。

必ず給油するようにしましょう。

 

レンタカー会社によってはレシートを提示しないといけない場合があります。

なお、給油をしないで返却すると走行距離などからガソリン代を請求されます。

 

実際よりも高くつくことがあるので注意しましょう。

指定された日時までに返却できない場合、必ず事前に連絡を入れよう

返却予定日時までに返却できない場合は、必ず事前に店舗へ連絡を入れましょう。

延長料金がかかってしまうこともあるので注意

通常、1時間ごとに1,000~2,000円ほどの追加料金が発生してしまいます。

また、連絡なしの延長だとペナルティ料金として罰金の支払いを命じられる場合があるので、注意しましょう。

 

ペナルティ料金の相場は、通常の追加料金の2倍程度です。

早期の返却も連絡しておくのがベスト

返却予定日時より早くなってしまう場合も連絡しておきましょう。

中途解約手数料がかかってきてしまう場合も…

通常、未利用時間・期間があれば返金のあるレンタカー会社が多いです。

しかし、その返金額には中途解約手数料が差し引かれている場合があるので覚悟しておきましょう。

 

中途解約手数料の相場は、6,000円以下のところがほとんどです。

レンタカー乗り捨てサービスが便利!

レンタカーには乗り捨てサービスというものがあります!

ここでは便利な乗り捨てサービスについてご紹介していきますね。

レンタカー乗り捨てサービスとは?

レンタカーの乗り捨てサービスとは別名「 ワンウェイサービス 」とも呼ばれています。

要するに、レンタカーを借りたお店と返すお店が違っていても良いというサービスです。

 

乗り捨てサービス料金の相場は、無料~2,000円程度のところがほとんどです。

 

この乗り捨てサービスを利用すると、レンタカーを借りたお店までわざわざ時間をかけて戻らなくても良いので、旅の目的地近くのお店でレンタカーを返すことができます。

旅のスケジュールに合わせて活用しましょう!

 

なお、この乗り捨てサービスはレンタカー会社や店舗、地域によってできるところとできないところがあります。

申し込みの時によく確認しておきましょう。

レンタカーを借りる際の注意点

これまでレンタカーを借りる際の流れを詳しく見ていきました。

特に注意していただきたい点をもう一度おさらいしておきましょう!

  • 予約は3カ月前から早めにやっておく
  • 保険や補償はできる限り加入しておく
  • 出発前の傷や凹みの点検はスタッフと一緒に入念にしておこう
  • レンタカーはいつも以上に安全運転で
  • 返却日時に変更がある場合はすぐに連絡を
  • 返却した後は車内の忘れ物に注意

 
最低限、以上のことを守っておけばトラブルなく快適なドライブ旅行を楽しむことができますよ。

レンタカーを賢く借りて最高の国内旅行を!

いかがだったでしょうか?

レンタカーを借りる際の流れを詳しく見ていきました。

 

これでもうレンタカーについてはばっちりですね。賢い借り方ができると思います。

さっそく、レンタカーに乗って最高の国内旅行を楽しみましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事