おすすめ人気ランキング_一眼レフカメラ
おすすめ人気ランキング_一眼レフカメラ

高画質な写真が撮れる一眼レフカメラ!

旅行の思い出を残すためにぴったりですよね。

 

一眼レフカメラは男性が趣味で持っているイメージですが、最近ではカメラ女子と呼ばれる一眼レフカメラを持ち歩く女性も出てきています。

ですが、一眼レフカメラといってもCanon(キャノン)やNicon(ニコン)などさまざまなメーカーから販売されていますし、どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで、今回は一眼レフカメラの選び方と人気おすすめランキング10選をご紹介していきます!

初心者でも手が伸びやすくて、値段の安い入門モデルもご紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。

1一眼レフカメラとは?

一眼レフカメラとは、レンズ交換ができて高画質な写真が撮れるカメラです。

 

一眼レフカメラは重厚感があって、値段も高額なイメージがありますが、最近では軽くてコスパのいいものも次々と登場しています。

また、初心者でも撮影しやすくなってきており、誰でも簡単に高画質な写真が撮れるようになってきています。

2一眼レフカメラとミラーレスの違いは?

一眼レフカメラ

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いはどこにあるのでしょうか?

大きく分けて3つの違いがあります。

  • 仕組み
  • バッテリー消耗速度
  • 大きさ

それでは、それぞれ掘り下げてみていきましょう!

仕組みが違う

まず、仕組みが違います。

 

一眼レフカメラは光学ファインダーという技術を使っており、ミラーによって映像をファインダーに表示させます。

したがって、撮りたいと思った瞬間をばっちり写真に残すことができます。

 

反対に、ミラーレスカメラは電子ビューファインダーという技術を使っており、光の情報をセンサーが映像へと変換します。

バッテリーの消耗速度が違う

一眼レフカメラとミラーレスではバッテリーの消耗速度が違います。

 

一眼レフカメラはミラーレスと比較して電子部品が少ないので、バッテリーの消耗速度は遅いです。

反対に、ミラーレスカメラは電子部品が多いのでバッテリーの消耗速度が激しいです。

 

替えのバッテリーが無いと、1日中旅行で使うということは難しいでしょう。

大きさや重さが違う

最後に、一眼レフカメラとミラーレスカメラでは大きさや重さが違います。

 

一眼レフカメラはミラーが入っていたり、光学ファインダーが入っていたりするので、大きく重たくなりがちです。

反対に、ミラーレスカメラはミラーや光学ファインダーが無いので、軽くてコンパクト。

 

持ち運びしやすいので、旅行にはぴったりですね。

3旅行におすすめ!一眼レフの選び方!

選択

一眼レフを選ぶ時はここに注目!
選ぶポイント1:大きさや重さ
旅行で使うなら一眼レフカメラの大きさや重さに注目しましょう。
選ぶポイント2:最新のモデル
一眼レフカメラは中古などではなく最新のモデルを選ぶと良いでしょう。
選ぶポイント3:デジタル or アナログタイプ
一眼レフカメラはデジタルとアナログの2タイプに分かれます。それぞれ特徴があるので、把握して好みの方を選んでくださいね。
選ぶポイント4:機能と操作性
一眼レフカメラにはさまざまな機能があります。また、使いやすいかどうか操作性にも着目してみてください。
選ぶポイント5:画素数
高画質にこだわるなら一眼レフカメラの画素数に着目すると良いでしょう。
選ぶポイント6:視野率と倍率
ファインダーを覗いた時の視野率や倍率にも着目しましょう。
選ぶポイント7:センサーサイズ
一眼レフカメラは「フルサイズ」と「APS-C」のセンサーサイズに分かれます。それぞれ特徴があるので、把握して好みの方を選んでください。
選ぶポイント8:レンズの数
一眼レフカメラを選ぶならレンズの数も大切です。なるべく多いものを選びましょう。
選ぶポイント9:女性向けおしゃれなデザイン
最近では一眼レフカメラでも女子向けのおしゃれなデザインが出ています。デザイン性にも着目して選ぶと良いでしょう。
一眼レフを選ぶ際のワンポイントアドバイス!
一眼レフには値段によってクラスがあります。初心者なら約10万円、中級者なら約30万円、上級者なら約50万円の一眼レフカメラを選びましょう。クラスによってコスパの良いものがあるので、できるだけそういった一眼レフカメラを購入しましょう。

4著者のおすすめ一眼レフカメラをご紹介!!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EOSKISSX9I-WKIT
初心者入門向けの一眼レフカメラ
2017年にCanon(キャノン)から発売された初心者入門向けの一眼レフカメラ。2,420万画素で高画質な写真が撮れます。また、Wi-FiとBluetooth機能搭載で写真をデータとして管理可能。画面もタッチパネル式なのでスマホ感覚で使えます。さらに、軽くて持ち運びも楽々。まさに初心者専用の一眼レフカメラです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EOSKISSX9I-WKITを選んだ理由

初心者向けに設計されているので操作が簡単!写真をこれから始めるという人でも安心して使えます。軽くてコンパクトなのもポイント。旅行で持ち歩く時に便利ですね。また、Wi-Fi機能なども充実しているので旅行で撮った写真をすぐに共有したり、SNSにアップできます。

5一眼レフカメラの選び方を詳しく紹介!

カメラ

一眼レフカメラといってもCanon(キャノン)やNicon(ニコン)などさまざまなメーカーから販売されていますし、どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

購入した後に後悔しないためにも、しっかりと選び方を知ることが大切です。

ここでは一眼レフカメラの選び方を詳しく解説していきますね。

最新のモデルで選ぶ

一眼レフカメラは最低5年以内の最新モデルを選びましょう!

最新モデルであれば軽くて機能が豊富なものが多いです。

中古だと最新のレンズが合わなかったり、壊れやすかったりするので、最新モデルの方が安心です。

大きさや重さで選ぶ

旅行で持ち歩くなら軽くてコンパクトな一眼レフカメラを選びましょう!

本体の重さが500~600g、レンズを合わせて1kg以内が最適です。

一眼レフカメラと聞くと、重たくて大きいイメージがありますが、最近では軽くてコンパクトなものが多いです。

デジタル or アナログタイプで選ぶ

一眼レフカメラはデジタルとアナログの2タイプに分かれます。

それぞれ特徴があるので、把握して好みの方を選びましょう。

定番のデジタルタイプ

デジタルタイプは定番で、初心者でも操作が簡単です。

撮影した写真をデータに変換して、PCやスマートフォンと連携できるので写真の管理が簡単です。

動画も編集できるので、TwitterやInstagramにもすぐ使えますよ。

マニアックなアナログタイプ

アナログタイプは、少し癖のあるマニアックなタイプ。

撮った写真をその場で確認できませんが、フィルムならではの写り具合や色彩が楽しめます

しかし、撮影が難しかったり、枚数制限もあったりするので、初心者には向きません。

機能・操作性で選ぶ

一眼レフカメラにはさまざまな機能があります。

また、使いやすいかどうか操作性にも着目しましょう。

遠くて動く被写体なら「オートフォーカス・手ぶれ補正」

遠くて動く被写体なら「オートフォーカス・手ぶれ補正」機能を確認しましょう。

「オートフォーカス・手ぶれ補正」機能があれば、野球やサッカーなどのスポーツ場面や、子供の運動会など遠くてよく動く被写体もぶれずに撮影することができます。

「液晶モニター・タッチパネル」があると便利

「液晶モニター・タッチパネル」があると初心者でも使いやすいです。

スマートフォンのようにタッチパネルで写真の確認ができ、編集も簡単。

また、自撮りする時のモニター替わりにもなりますよ。

屋外なら「防水・防塵」機能も忘れずに

撥水加工

一眼レフカメラを屋外で使うなら「防水・防塵」機能も忘れずに確認しましょう。

「防水・防塵」機能があればカメラを雨や水、細かい砂から守ってくれます

雨や砂は故障の原因になるので、チェックしておきたい項目です。

便利な「Wi-Fi」機能

「Wi-Fi」機能があれば、とても便利です。

一眼レフカメラに「Wi-Fi」機能があれば、撮った写真をその場ですぐにスマホやPCに送ることができます

SNSにもすぐアップできますし、友達ともシェアできるのでとっても便利です。

「動画」を撮れるものを選ぼう

一眼レフカメラは写真だけでなく「動画」も撮れることがあります。

とても便利なので、動画が撮れる一眼レフカメラも確認してみましょう。

視野率と倍率で選ぶ

視野率と倍率も重要です。

ファインダーを覗いた時に高倍率で、視野率100%の一眼レフカメラを選ぶとより被写体が鮮明に写ります

視野率が95%とかだとぼやけやすくなるので注意が必要です。

画素数で選ぶ

高画質な写真にこだわるなら、画素数も大切です。

画素数が大きいほどより繊細で高画質な写真を撮ることができます

おすすめは、2,000~3,000万画素くらいの画素数です。

センサーサイズで選ぶ

一眼レフカメラは「フルサイズ」と「APS-C」のセンサーサイズに分かれます。

それぞれ特徴があるので、把握して好みの方を選びましょう。

高画質な写真が撮れる「フルサイズ」

画素数が大きくて、高画質な写真が撮れる「フルサイズ」の一眼レフカメラ

色彩豊かで細かい描写をとらえることができ、画角も広いので被写体を強調できます。

 

デメリットとしては、1kg程度とやや重たくて、高価なこと。

初心者の入門カメラには向かないかもしれません。

安くて軽い「APS-C」

「APS-C」はコンパクトで軽く、10万円以下と安いのが特徴

フルサイズよりも画質の面では劣ってしまいますが、まさに、初心者におすすめの一眼レフカメラです。

レンズの数で選ぶ

一眼レフカメラは、レンズによって撮れる写真が変わります。
初心者の方はどのレンズを使用すればいいのかわからないと思うので、なるべくレンズがたくさん付属されているものを選びましょう

女性向けのおしゃれなデザインで選ぶ


最近では一眼レフカメラでも女子向けのおしゃれなデザインが出ています。
街歩きや旅行でもおしゃれにしたいなら、デザイン性にも着目して選びましょう。

6一眼レフカメラの人気おすすめランキング9選!

それではいよいよ、一眼レフカメラの人気おすすめランキングをご紹介していきます!

お気に入りの商品があればAmazonや楽天市場で購入を検討してみてください。

フルサイズの一眼レフカメラ人気おすすめランキング3選!

まずは、フルサイズの一眼レフカメラ人気おすすめランキング3選です!

PENTAX デジタル一眼レフ K-1

PENTAX デジタル一眼レフ K-1
PENTAXのフルサイズデジタル一眼レフカメラ!
PENTAXのデジタル一眼レフカメラ!センサーサイズはフルサイズで、有効画素数3,640万画素。高画質な写真が撮影可能です。5軸5段階手ぶれ補正機能も搭載されており、よりブレない写真を残すことができます。その他にも機能が充実!撮影者にとって最良の一眼レフカメラとなっています。
PENTAX デジタル一眼レフ K-1の口コミを紹介!
ニコンやキャノンにも引けを取らない良さ

ニコンD810にも引けを取らないほどの機能スペックで、最高に気に入っています。
Amazonカスタマーレビュー

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750
ニコンのデジタルフルサイズ一眼レフカメラ!
ニコンのデジタル一眼レフカメラ!センサーサイズはフルサイズで、2,432画素の鮮明な写真が撮れます。視野率100%の光学式ファインダーを採用。高い剛性・強度を保ちながら軽量・コンパクト化を実現した「モノコック構造」で、旅行の持ち歩きにも最適です。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D750の口コミを紹介!
魅力的!

フルサイズ一眼レフをこれから安い値段ではじめたい人方にはおすすめです。ただ、動画も録りたい方はCanonをおすすめします。
Amazonカスタマーレビュー

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV レンズキット

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV レンズキット
キャノンのフルサイズ一眼レフカメラ!
有効画素数がなんと3,040万の一眼レフカメラ!細かな描写をとらえることができます。Wi-Fi機能やタッチパネル液晶画面などその他の機能も充実。ハイクラスの方に最適なフルサイズの一眼レフカメラとなっています。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV レンズキットの口コミを紹介!
使い勝手がいい

プロでなければ十分の一眼レフカメラです。最強最高です。
Amazonカスタマーレビュー

初心者向けの一眼レフカメラ人気おすすめランキング3選!

次に、初心者向け一眼レフカメラの人気おすすめランキング3選です!

PENTAX デジタル一眼レフカメラ KP ボディ ブラック

PENTAX デジタル一眼レフカメラ KP ボディ ブラック
防塵・防滴機能搭載で手ぶれも安心!
PENTAXデジタル一眼レフカメラは、防塵・防滴機能搭載。大切なカメラを砂煙や雨からしっかり守ります。また、手ぶれ補正機能も充実。一眼レフカメラ初心者でも高画質でキレイな写真を残すことができます。
PENTAX デジタル一眼レフカメラ KP ボディ ブラックの口コミを紹介!
やっぱりこの重厚感がたまらない

毎日ショルダーバッグに入れて写真撮影を楽しんでいます。クラシックというより一眼レフカメラとしてまっとうなデザイン。ひんやりとしたボディに適度な重さがたまりません。
Amazonカスタマーレビュー

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック
世界最軽量で4K動画も撮れる!
世界最軽量の液晶モニターを搭載。軽くて旅行でも持ち運びやすい設計に!4K動画も撮れてどんなシーンでも映画のような世界を写し出します。また、低輝度限界EV-4で暗いような場所でも撮影可能。どこでもどんな時でも安心して写真が撮れます。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラックの口コミを紹介!
初心者でも使いやすい!

自分が登山が趣味で写真を撮りたいと思ったのと、子供の野球の試合を写真に残したいと思って購入しました。一眼レフカメラ初心者の私でも使うことができて、とてもいい商品だと思います。
Amazonカスタマーレビュー

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 18-140 VR レンズキット ブラック

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 18-140 VR レンズキット ブラック
入門編で使いやすい!
Bluetooth機能搭載で撮った写真をすぐに転送可能。軽くてコンパクトなので、持ち運びに適しています。また、長寿命バッテリーを使用しており旅行でも一日中安心して使えます。操作も簡単で、入門編の一眼レフカメラです。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 18-140 VR レンズキット ブラックの口コミを紹介!
初心者におすすめ。

とりあえず一眼レフカメラが欲しいとか、小回りが利くカメラが欲しいという方におすすめです。
また、軽いのもおすすめポイントになります。本体が約500gということで、500mlペットボトル一本分の重さになります。
Amazonカスタマーレビュー

おしゃれな一眼レフカメラの人気おすすめランキング3選!

女性でも使える、おしゃれな一眼レフカメラの人気おすすめランキング3選です!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 (W)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 (W)
親しみやすいデザイン!
親しみやすいながらも高級感をもったデザイン。おしゃれな一眼レフカメラです。約2,420万画素のAPS-Cサイズで、高画質な写真を撮ることができます。Wi-Fi機能も搭載されておりスマホとの連携もばっちり。使い勝手の良い一眼レフカメラです。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 (W)の口コミを紹介!
軽くておしゃれ!女子向き!

女子登山サークルに所属したことをきっかけに購入。いろんな景色を繊細にとらえてくれます。軽くておしゃれ!女子向きの一眼レフです!
Amazonカスタマーレビュー

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レンズキット

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レンズキット
際立つ赤色が特徴の一眼レフカメラ
際立つ赤色がおしゃれかっこいい一眼レフカメラです。APS-Cサイズの1220万画素で、高画質な写真が撮影できます。操作も簡単にでき、何気ない日常をキレイに思い出に残すことができます。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レンズキットの口コミを紹介!
入門的かつ主力

初めて一眼レフカメラを買ったのがこれです。価格はレンズ付きで3万円という驚きで、安いです。カメラは6台ほど持っていますがいまだにこれを使ってます。
Amazonカスタマーレビュー

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2
ホワイトが印象的の一眼レフカメラ!
一眼レフカメラと聞くと黒色をイメージしますが、これはホワイトを基調とした一眼レフカメラ。どんなファッションにも合います。全自動でシーンに合わせてモードが切り替わるので、どんな場面でも高画質の綺麗な写真が撮影できます。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2の口コミを紹介!
子供の野球の試合のために購入

子供の野球の様子を撮影したくて購入しました。白色で目立つところと女子でも軽く持てるところが気に入っています。遠くからでも鮮明な写真が撮れるので、いいですよ。夫も欲しがってます。
Amazonカスタマーレビュー

7旅行におすすめなのは一眼レフカメラだけじゃない!

旅行カメラ

旅行におすすめのカメラは一眼レフカメラだけじゃありません!

コンパクトデジタルカメラやミラーレス、水中カメラなどさまざまです。

ぜひ以下の記事も参考にしてみてください!

8お気に入りの一眼レフカメラを見つけよう!

一眼レフカメラの選び方とおすすめ人気ランキングをご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

高画質な写真が撮れる一眼レフカメラ。

ぜひお気に入りの一眼レフカメラを持って、旅行に出かけましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事