ビジネスクラス乗るのに、年収なんて関係ない理由
ビジネスクラス乗るのに、年収なんて関係ない理由
タビケモノ
タビケモノ
あぁ~ゆうやはいいな~
ビジネスクラスに乗れるくらいなんだから、相当お金持ちなんだよね。
あ~うらやましい!
いやいや、タビケモノ君
何を言っているんだい?
僕がお金持ちの分けないよ、だってまだ学生だよ?
ゆうや
ゆうや
タビケモノ
タビケモノ
あぁ、そうだったね。
でもなんでただの学生なのに、ビジネスクラスなんかに乗れるの?
あれ、それについては
前に話さなかったっけ?
この記事の中で、話しているからぜひ見てみてね。
ゆうや
ゆうや
タビケモノ
タビケモノ
あっ、忘れてたよ(笑)
そうだったね、ゆうやはマイルを使ったからビジネスクラスに乗れたんだったね!
そうそう、やっと思い出してくれたか~ぁ(笑)
じゃあ、今回は前回とは違う視点から、ビジネスクラスにはお金持ちじゃなくても乗れるんだよ。年収なんて関係ないんだ!って話をしていくね。
ゆうや
ゆうや

1ビジネスクラスに乗るのに「年収」なんて関係ない理由

先ほども少し触れましたが、僕は去年の夏休み「ビジネスクラス」に乗り、アジア周遊旅行を楽しんできました。

シンガポール航空のビジネスクラスとANAのビジネスクラスです。

また、僕は同じく「シンガポール航空」のエコノミークラスにも搭乗したことがあります。

エコノミークラスもとても親切なスタッフさんで、満足のいくサービスだったのですが、

ビジネスクラスに一度でも搭乗してしまうと、エコノミークスのサービスがさみしく感じてしまうくらい、

サービスの質に天と地ほどの差があったのです。

僕は、一人でも多くの人にこの体験を味わってほしい。

ビジネスクラスに乗ってみたいけれど、

  • お金がない
  • 年収が低いから
  • 自分なんかにはムリ

そんな風に思ってしまっている人に向けて、この記事を書いています。

 

ビジネスクラスに乗るのに、年収なんて関係ありません。

実際、ただの学生、アルバイトの僕でもビジネスクラスに乗れたんです。

あなたに乗れないはずはありません。

 

ではさっそく、ビジネスクラスに乗るのに年収なんて関係がない理由を解説していきます!

実は普通の人ばかり、ビジネスクラスの面白い客層

大手旅行サイトを運営する「エクスペディア・ジャパン」が20代か60代のビジネスクラスを利用したことがある人300名、ビジネスクラスを利用したことがない人300名の計600名に「ビジネスクラスに関する意識調査」を実施したところ、面白い結果がわかったのです。

それは、ビジネスクラス利用者の約6割以上の人が「年収500万円以下」

また「平均年収.jp」というサイトで、日本の平均年収を調べてみると441万円ということがわかりました。

 

そう、ビジネスクラスを利用しているほとんどの方が、平均年収くらいの方たちなのです。

ビジネスクラスは、皆様がイメージするような高スペックな方たちの特権ではないのですね。

 

さらに、初めてのビジネスクラスに乗ったのは、20代以下。

そう答えた方が半数を超えたのです。

 

どうですか?

あなたでもビジネスクラスに乗れそうな気がしてきませんか?

実は高くない?ビジネスクラスの料金とは

面白いことに、ビジネスクラスを利用したことがない人に理由を尋ねると、「価格が高そうだから

と答えた人が多いことがわかりました。

 

しかし、価格が高いと答えた方のうち、約8割の方はビジネスクラスの価格を知らなかったのです。

ただ、イメージで「ビジネスクラス=価格が高い

そう思い込んでしまっているのです。

 

しかし、ビジネスクラスは思っているほど高額ではありません。

HISビジネスクラスで行く旅

上記の画像は、日本人に大人気アメリカ「グアム」まで、東京から登場した場合のビジネスクラス+ホテルのセット料金となっています。

 

ホテルとビジネスクラス航空券のセットでも20万円ほどあれば、ビジネスクラスで優雅に海外旅行をすることができるのです。

しかも、ホテルも僕の大好きマリオットボンボイグループの高級ホテル「シェラトン」へ宿泊することができます。

 

このように、初めから

  • 自分には乗れない

そう思い、価格すら調べずにいると損をしてしまうのです。

2それでも高い?なら、マイルを貯めよう!

ただ、20万円でビジネスクラスへ搭乗できると言ってもやっぱり高額。

そう思っている方も多いでしょう。

 

そのような方へおすすめなのが、マイレージを貯めて特典航空券と交換しビジネスクラスへ乗る方法。

僕も、マイレージを貯めてビジネスクラスへと搭乗しました。

マイレージを使い、特典航空券と交換することで、

税金や燃油サーチャージのみの支払いでビジネスクラスへと搭乗することができるようになります。

わずか、数万円の支払いでビジネスクラスへ乗れるようになるのです。

 

ちなみにですが、東京からグアムまでは43,000マイル+燃油サーチャージ+税で行くことができます。

今回は東京からマニラまでの飛行機に、ビジネスクラスの設定がなかったためエコノミークラスが混ざってしまいましたが、東京からシンガポールなどはビジネスクラス一本で行くことができます。

東京からシンガポールまでは60,000マイル+燃油サーチャージ+税金でビジネスクラスへ搭乗できるみたいですね。

 

このように、マイルを使って特典航空券と交換することで、

かなりお得にビジネスクラスへと搭乗することができるようになります。

 

そこで今回は、日系大手航空会社である「ANA」のマイレージを貯める方法をご紹介していきますね!

 

まずは、日々の決算をマイルを貯めるチャンスへと変え、マイレージを貯めていく方法です。

 

皆様にお聞きしたいのですが、普段の日々の決算を何でしていますか?

キャッシュレスを活用していますか?

 

日本はいまだに現金払いの人が多くいます。

その日々の支払いを、クレジットカード、特にANAのマイルがたまる「ANAカード」などに変えることで、どんどんとマイルがたまっていきます。

 

高額な年会費を許容できるならば、

ANAカードよりもどんどんとマイルがたまっていくクレジットカードも存在しています。

このような、クレジットカードを使い日々の決算を行っていくことで、

どんどんとANAマイレージを貯めていくことができます。

 

次に、ポイントサイトの活用です。

普段のお買い物や、クレジットカードなどの各種申し込み、資料請求時などに、人手間かけポイントサイトを経由することでポイントを貯めていくことができます。

そのポイントをANAのマイルへと交換するのです。

 

これをすることで、普段のサービスの利用でどんどんとANAのマイルを貯めていくことができます。

そのほかにも、投資をしながらANAマイルを貯める方法や、普段の銀行取引でマイルを貯める方法など様々なマイルを貯めていく方法があります。

 

詳しくば、下記記事でご紹介しているので

ぜひご覧ください。

2まとめ

このように、ビジネスクラスに乗るのに年収なんて関係ないのです。

ビジネスクラスは、割引運賃などを利用すれば案外安く乗れるものです。

また、割引運賃よりもさらにお得にビジネスクラスへ乗りたいのならば、マイレージを貯めればよいだけの話です。

 

どうですか?

思ったよりも簡単にビジネスクラスに乗れそうでしょう?

 

この記事を見て、

  • あっ、自分でもビジネスクラス乗れそうじゃん!
  • よし、マイル貯めてビジネスクラスへ乗っている!

そう思ってくれる人が、出てきてくれれば僕はこの記事を書いた書いた甲斐がありました!

 

ぜひ、ビジネスクラスを利用し

優雅な海外旅行を楽しんできてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事