マレーシア航空エコノミークラス搭乗記
マレーシア航空エコノミークラス搭乗記
タビケモノ
タビケモノ
ねぇねぇ、ゆうや~
ゆうやって最近、マレーシア航空のエコノミークラスに搭乗したんだよね?
どうだった?
タビケモノ君は、いつも情報が早いね(笑)
うん、2月13日に、初めてマレーシア航空に搭乗したよ!
ゆうや
ゆうや
タビケモノ
タビケモノ
やっぱりね!
僕の情報網を甘く見ない方がいいよ…
僕はいつもゆうやのことストーカしてるからね!笑

まぁ、それは冗談として、どうだったの?

えっ、タビケモノ君怖い(笑)
そうだね、じゃあ今回のテーマはマレーシア航空搭乗記。
マレーシア航空に搭乗した感想をレビューしていくね!
ゆうや
ゆうや
タビケモノ
タビケモノ
ありがとう!楽しみにしているね。
いやいや、タビケモノ君に言われる前からマレーシア航空搭乗レビューを書こうとしてたけど、僕の仕事が遅いから…
催促してくれて、逆にありがとう!笑
ゆうや
ゆうや

1マレーシア航空(クアラルンプール→シンガポール)搭乗レビュー!

人生で初めて乗る「マレーシア航空」

マレーシア航空は「JAL」と同じ「ワンワールド」に加盟している航空会社です。

 

いままで、シンガポール航空やANAなどの「スターアライアンス」系列の航空会社しか利用したことがなかった僕。

マレーシア航空がどんなサービスを提供してくれるのか、期待に胸を膨らませながらチェックインさせていただきました。

 

ちなみに、シンガポール航空エコノミークラスに搭乗した際のレビューもしてあります。

もしよろしければ、ご覧ください。

いざ、チェックイン

チェックインはその航空会社とのファーストコンタクト。

お客さんの第一印象は、チェックインカウンターにいるスタッフにかかっています。

 

マレーシア航空のチェックインを担当してくれたスタッフは、英語が下手な僕にも嫌な顔一つせず、丁寧に対応してくださいました。

英語が下手な僕でも聞き取れるよう、ゆっくりと話してくれたり、ジャスチャーしてくれたりしながらチェックインをしてくれました。

 

マレーシア航空の第一印象は、とても良い。

気持ちよくチェックインをすますことができました。

搭乗時間まではプラザプレミアムラウンジでゆっくり

僕の持っている「プライオリティパス」というカードを使い、搭乗時間までの間

クアラルンプール国際空港の「KLIAターミナル」にある「プラザプレミアムラウンジ」でゆっくりとした時間を過ごしていました。

ここでは、ドリンクやお食事を楽しみながら、飛行機の搭乗時間を待つことができます。

ドリンクやお食事を楽しみながら、ラウンジでくつろいでいたら、

あっという間に搭乗時間が近づいてきてしまいました。

 

プライオリティパスがわからない方は、下記記事をご覧ください。

いざ、搭乗!

手にチケットを握りしめ、搭乗ゲートへと向かいます。

僕が搭乗口に着いた時には、すでにゲートオープンの時間でした。

 

どんな機内なのか、ドキドキしながら飛行機の中へと乗り込みまます。

機内は、黒を基調としたシートでした。

ただ、少しばかりシートの感覚が狭い。ぎりぎり足を延ばせますが、少し窮屈に感じました。

大柄な人が乗るには、少し厳しいと思います。

 

ただ、これはマレーシアからシンガポールへの一時間程度のフライト。

普通に、我慢できました。

短距離だけどしっかり機内食!

今回はクアラルンプールからシンガポールへの1時間程度のフライト。

機内食が提供されるか、提供されないかわかりませんでした。

 

しかし、簡単ながら機内食が提供されました!

それが、こちらです。

カステラのようなパンケーキとおつまみみたいなやつです。

また、写真には水しか映っていませんが、コーヒーも提供してもらうことができました!

 

パンケーキとコーヒー、とてもマッチしており美味しかったです!

2シンガポール航空エコノミークラス搭乗機まとめ

今回初めて乗る、ワンワールド系列の「マレーシア航空」

今までレガシーキャリアでは「スターアライアンスグループ」にしか搭乗したことがなかった僕ですが、ワンワールドもなかなか良いなと感じました。

 

とくに、マレーシア航空はスタッフが本当に素晴らしい。

マレーシア人はおおらかでフレンドリーと言いますが、本当にその通りですね。

 

前回インドネシアで、レストランスタッフがとてもフレンドリーで素晴らしかったという話をしました。

マレーシア航空のスタッフもそれに負けないくらい、とても素晴らしい接客をしてくださいました。

 

最近思うのですが、日本のサービスは世界一とよく聞きます。

たしかに、僕も同感です。

 

しかし、日本のサービスには外国特有の「フレンドリーさ」にかけると思います。

もっと、日本の接客も「お客さん対スタッフ」の関係ではなく、外国のように「人間対人間の関係」になればよいなと思いました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事